【秋の旬グルメ】絶品サバをいただく!福井ごちそう旅

サバ街道の起点として知られる福井県・小浜市。小浜に行ったらサバを食べなきゃもったいない!といっても過言ではない。今回は海の幸をメインにした旅プランをご紹介!

脂ののりは今が最高潮!サバの新しいおいしさを発見

1.かねまつ

産地だから味わえる、養殖サバを刺身で!
  • 産地だから味わえる、養殖サバを刺身で!

最初に足を運びたいのが「小浜市まちの駅」内の食事処。地元で捕れる鮮度抜群の魚介を使った定食や丼が評判だ。その日の朝に水揚げされた魚をさばくため、なにが味わえるかは行ってみてのお楽しみ!

旬のサバを堪能するなら「鯖の刺身」(1匹 3000円※時価)。タイミングがよければ、注文後に水槽から引き揚げたばかりのサバをさばいてくれる。サバの入荷は当日電話で確認しておくのがベター。

CNNが認めた絶景!蘇洞門めぐりへ

2. 若狭フィッシャーマンズ・ワーフ

【写真を見る】絶景を観に、蘇洞門めぐりへ行こう
  • 【写真を見る】絶景を観に、蘇洞門めぐりへ行こう

お腹も満たされたら、散歩がてら絶景を見に行こう。「若狭フィッシャーマンズ・ワーフ」から出発する遊覧船(中学生以上2000円ほか)に乗って蘇洞門めぐりを楽しみたい。日本海の荒波が生み出した奇岩・洞門、岩壁は見ごたえ抜群!白い岩肌と青い海のコントラストが素晴らしく、アメリカCNNが発表した「日本の最も美しい場所34選」に選出された。6kmに及ぶ断崖美を楽しもう。

ロケーション抜群の風呂でのんびり

3. 御食国若狭おばま 濱の湯

人魚伝説の残る小浜ならではの海草風呂。人魚のモデルであるジュゴンの主食、アマモエキスを使用している
  • 人魚伝説の残る小浜ならではの海草風呂。人魚のモデルであるジュゴンの主食、アマモエキスを使用している

ひと休みしたい時には、日帰り温浴施設「御食国若狭おばま 濱の湯」へ。愛媛の道後温泉と同じ効能を持つ人工温泉や漢方薬草風呂など、ユニークな風呂で湯あみができる。

ビューラウンジから小浜湾を眺められる。穏やかな海が気持ちをリラックスさせてくれる
  • ビューラウンジから小浜湾を眺められる。穏やかな海が気持ちをリラックスさせてくれる

小浜湾に面したガラス張りのラウンジ。湯上がりは、穏やかな海を見ながらのんびり過ごすのもオススメだ。

今回紹介したスポットは、どこもそれぞれの場所から1~2分で到着するほど近い!おいしい、楽しいでいっぱいの福井ごちそう旅へ出発だ!!【東海ウォーカー/利川果奈子】

■かねまつ
住所:福井県小浜市小浜白鬚111-1
電話:0770-52-2559
時間:11:00~15:00、17:00~19:00
休み:火曜
交通アクセス:舞鶴若狭自動車道・小浜ICより県道267・国道27・県道14・15号線を西へ約3.3km

■若狭フィッシャーマンズ・ワーフ
住所:福井県小浜市川崎1-3-2
電話:0770-52-3111
時間:8:30~17:00、12~3月は9:00~17:00
休み:なし
交通アクセス:「かねまつ」より県道15号線、一般道を北西へ約700m


■御食国若狭おばま 濱の湯
住所:福井県小浜市川崎3-4 御食国若狭おばま食文化館内
電話:0770-53-4126
時間:10:00~24:00
休み:第3水曜
料金:入浴料中学生以上600円ほか
交通アクセス:「若狭フィッシャーマンズ・ワーフ」より一般道を北西へ約260m

「東海ウォーカーWEB」で東海エリアの最新情報をチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報