まさかのネタバレ!?ライアン・ジョンソン『最後のジェダイ』衝撃の真実をあっさり告白!

前作のラストで衝撃的な登場を果たしたルーク・スカイウォーカー
  • 前作のラストで衝撃的な登場を果たしたルーク・スカイウォーカー

いよいよ12月15日(金)にその全貌が明らかになる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。全米興行収入歴代No. 1を記録し、日本でも記録的大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のその後を描いたシリーズ最新作を待ちきれないファンが大勢いることだろう。

その前作『フォースの覚醒』は主人公レイが“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーと出会い、ライトセーバーを渡す意味深なラストシーンで幕を閉じ、ファンの間では様々な憶測が飛び交った。ルークがレイを導くことになるのか、それとも師弟関係になっていくのか。あらゆる期待が次作に向けられたのである。

もちろん、いまだにその真相はベールに包まれているが。今作でメガホンをとるライアン・ジョンソン監督が「ルークが島に隠れていた理由が明らかになるよ」と断言。「ルークの過去に何があったのか。その理由を僕自身が納得できるまで、脚本は書き始められなかった」と明かし「レイとルークの会話の大部分は、ルークがあの島にいる理由についてのものになる」と明かした。

かつて“希望”の象徴として描かれ、父ダース・ベイダーの暗黒面への誘いを断り、伝説のジェダイとして語り継がれるようになったルーク。そんな彼の“空白の30年”に何が起きていたのか。前作では“ジェダイ・アカデミーに行っていたこと”と“最初のジェダイ・テンプルを探しに行ったらしい”という数少ない手がかりしか登場しなかった。遂にその理由が明らかにされるのである。

さらに、ライアン監督はさらに重大な秘密にも言及。本作のタイトルになっている“最後のジェダイ”は、レイなのかルークなのか、それともカイロ・レンなのか。様々な憶測が飛び交うこの問いに対し「最後のジェダイはルークのことだよ」とあっさり回答。

実は『フォースの覚醒』のオープニング・クロールには“最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー”とはっきり書かれていたのだ。「本作のストーリーが始まる時点で、彼はまさしく最後のジェダイだ」と語ったライアン監督は、さらに「フォースが覚醒したレイとの関係は、みなさんが想像しているものとは少し違うものになるよ」と言及。

前作で明かされなかった謎はまだまだたくさんある。「レイの家族は誰なのか」「カイロ・レンの過去になにがあったのか」「なぜマズ・カナタがライトセーバーを持っていたのか」。フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルークの出現は彼らに何をもたらすのか。誰も見たことのない衝撃の『スター・ウォーズ』を、我々は目の当たりにすることになるだろう。【文/久保田和馬】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報