萩本欽一、救急車姿まで撮った“T部長”土屋敏男に感服「若い人、ここだけは見て!」

元気に欽ちゃん走り!
  • 元気に欽ちゃん走り!

萩本欽一の真の姿に迫るドキュメンタリー映画『We Love Television?』の初日舞台挨拶が11月3日にヒューマントラストシネマ渋谷で開催され、萩本欽一、河本準一、土屋敏男監督が登壇。萩本が「充実感もない映画」「土屋ってろくなことしない」と欽ちゃん節全開で会場を沸かせた。

本作は、かつて“視聴率100%男”と呼ばれ、テレビをエンタテインメントの王様にした立役者・萩本欽一に、日本テレビの名物プロデューサー・土屋敏男が密着した映像日誌。自身の姿を追った映画だというのに、「完成作を観ていない」という萩本。「お客さんが来てくれてよかった」と会場を見渡し、「『観に来ないで』と叫んでいたのに、こんなに来ていただいて」と楽しそうな笑顔を浮かべた。

映画になるとは思わぬまま土屋監督に撮り続けられていたそうで、「充実感のない映画。出ている意識がない」とぶっちゃけて会場も大爆笑。「なんで舞台挨拶挨拶しなきゃいけないのかなって。土屋ってろくなことをしない」と監督にもかみつき、さらには「お前、なんで来てんの?」と出演者の河本に強烈な一言をお見舞いするなど、止まらぬ“欽ちゃん節”に観客も笑いっぱなしだった。

バラエティ番組「電波少年シリーズ」などの“T部長”としても知られる土屋の初監督作品となる本作。萩本が救急車で運ばれた姿も収められているそうで、萩本は「意識があまりなかったんで、誰が一緒に乗ったかも知らない。土屋くん、乗っていたの?どうして乗っているの?」と驚くが、なんとその様子を土屋監督はスマホでしっかりと撮っていたそう。

萩本は「僕が映画に出た記憶にないものを、映画にしちゃった人がいる」と土屋監督をチクリと刺しながらも、「日活の人も騙されているかもしれない。そういう無謀なことをする、いい友達を持ったなという覚えはある。若い人に土屋ちゃんの勢いみたいなもの、これだけは見てほしい」と土屋監督の貪欲さに惚れ惚れ。土屋監督は「無謀に関しては自信があります」とうれしそうに目を細めていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード