一風堂「ソースとんこつ大発明!」は本当に大発明なのか食べてみた

一風堂が創業32周年を記念し、今年10月に発売を開始した「ソースとんこつ大発明!」(850円)。博多とんこつラーメンを代表するチェーン店である同店が、32周年の節目に渾身の一杯として世に送り出したのは、「ソースとんこつ」ラーメンだった。

発売されるや否や話題を呼び、ネット上にはさまざまな感想が殺到。「鳥肌モンの美味さ!」と絶賛する声があるかと思えば、「二度目はない」と厳しい意見も。賛否が大きく分かれる結果となったが、反響の大きさは確かだ。それを受け、当初10月29日まで予定されていた販売期間が、11月30日(木)まで延長された。

ソースとんこつスープとコロッケの相性を楽しめる「ソースとんこつ大発明!(コロッケ)」(1050円)。ボリューム満点だがペロリと完食できるウマさ!
  • ソースとんこつスープとコロッケの相性を楽しめる「ソースとんこつ大発明!(コロッケ)」(1050円)。ボリューム満点だがペロリと完食できるウマさ!

未だかつて味わったことのない、ソースととんこつの組み合わせ。賛否両論と聞くと、なおさらその味が気になってくる。せっかくなら9店舗限定で販売されている、トッピング付きの商品を食べてみたくなった記者は、浜松町スタンドへ。コロッケと目玉焼きがのった「ソースとんこつ大発明!(コロッケ)」(1050円)をオーダーした。

見た目の第一印象としては、私が知っているラーメンではない。コロッケと目玉焼きのインパクトが大きく、新種の丼ぶりのような雰囲気が漂う。まずはスープを飲まねば始まらないということで、早速一口。

ソースの濃厚さが際立ちつつも、その中にとんこつのコクが感じられ、新感覚だがなかなかイケる!ソースの酸味が突出しすぎるような気もしていたが、想像以上に一体感があり、深みのある味わいが美味。

さらに、スパイスの程よい刺激がアクセントを加え、ついもう一口飲みたくなるのだ。納得のいく味を求め、何度も研究を重ねたというこのスープ。とんこつスープをベースに、数種類のソースとクミン、ターメリックといった複数のスパイスを配合しているそう。別添で提供される天かすもポイントだ。途中で加えると、よりまろやかな味わいと食感の変化を楽しめた。

【写真を見る】まずはそのままスープを味わい、その後天かすをトッピングするのがオススメ!
  • 【写真を見る】まずはそのままスープを味わい、その後天かすをトッピングするのがオススメ!

そして、言わずもがなコロッケとソースとんこつスープの相性は抜群。出来立てサクサクのコロッケはもちろんおいしいが、スープがタプタプに染み込んでから食べるのがオススメ!これに白ごはんを追加でオーダーすれば、箸が止まらなくなること間違いなしだ。

コロッケと目玉焼き以外にも、ソースによく合う素材である、キャベツや紅ショウガがトッピングされており、具だくさんでありながらも実にバランスの良い仕上がりだった。

実際に食べてみた感想としては、随所に散りばめられた飽きさせない工夫と、普通ではありえないラーメンとコロッケの組み合わせを、黄金コンビに仕立ててしまう、ソースとんこつスープの威力に驚いた。確かに斬新ではあるが、どこかホッとする昔懐かしさもあり、そのさじ加減が絶妙なのだ。

なお、コロッケをのせた商品以外に「ソースとんこつ大発明!(とんかつ)」(1150円)も9店舗限定で提供中。さらに、販売期間の延長に伴い、麺を「博多細麺」「太麺」「麺なし(野菜)」の3種類から選べるようになっている。

好みは分かれるかもしれないが、個人的には「大発明!」と拍手を送りたくなる一杯だ。まだ味わっていない人は、一度試してみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

※「ソースとんこつ大発明!」(850円)は日本国内の一風堂83店舗で販売。「ソースとんこつ大発明!(コロッケ)」(1050円)と「ソースとんこつ大発明!(とんかつ)」(1150円)は札幌平岡店、新潟店、浜松町スタンド、西五反田スタンド、明大前店、高槻店、天神西通りスタンド、姪浜店、太宰府インター店の9店舗限定販売

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報