【福岡酒場放浪記】渡辺通の路地裏にたたずむ隠れ家スペインバル「山バスク」

福岡・渡辺通の路地裏にたたずむスペインバル「山バスク」(福岡市中央区)。オープンキッチンスタイルのライブ感あふれる店内では、スペイン・バスク地方で食べられている郷土料理“バスク料理”が味わえる。

店内にレンガ造りの炭焼き台や生ハム台などを配し、本場さながらの空間に
  • 店内にレンガ造りの炭焼き台や生ハム台などを配し、本場さながらの空間に

隠れ家バルでバスクの料理と酒を満喫

料理は、スパニッシュのシェフでもある店主・中村郁雄さんが手がける。豚バラに5種類のスパイスやハーブを包んだ自家製ベーコン「バントレッシュ」(950円)をはじめ、伝統的な煮込み料理「タラのピルピル」(750円)など、種類豊富なメニューが並ぶ。

【写真を見る】肉厚のベーコンを炭火で香ばしく焼く「バントレッシュ」(950円)
  • 【写真を見る】肉厚のベーコンを炭火で香ばしく焼く「バントレッシュ」(950円)

どのメニューもオリーブオイルや塩、スパイスなどをふんだんに使用し、しっかりと味付けをするのが特徴。ビール界のドンペリを称される「イネディット」(ボトル2160円)や、ワイン(グラス各種550円から)など、スペイン産中心にそろえる酒とともに味わうのがおすすめだ。

「タラのピルピル」(750円)。塩、オリーブオイルのみとシンプルな味付けでタラの旨味を引き出す
  • 「タラのピルピル」(750円)。塩、オリーブオイルのみとシンプルな味付けでタラの旨味を引き出す
ビール界のドンペリを称される「イネディット」(ボトル2160円)や、自然派ワインなども並ぶ
  • ビール界のドンペリを称される「イネディット」(ボトル2160円)や、自然派ワインなども並ぶ

店内はコの字型のカウンターが15席で、イスの下に荷物置きや足置きスペースを設けるなど細かい配慮が居心地のよさを感じる。また、2階にある系列のワインバー「FZERAF!(フゼラフ)」も人気。同店とともに夜深い時間まで営業しており、2軒目、3軒目にもぜひ利用したい。

店主・中村郁雄さんが手がける料理はどれも絶品!
  • 店主・中村郁雄さんが手がける料理はどれも絶品!
一軒家を利用。2階には系列のワインバー「FZERAF!」がある
  • 一軒家を利用。2階には系列のワインバー「FZERAF!」がある

[山バスク]福岡県福岡市中央区渡辺通5-5-3 1F / 092-791-9396 / 17:00~翌2:00 / 火曜休み

【九州ウォーカー編集部/取材・文=久保田学(J.9)、撮影=菅祐介】

「九州の酒」の購入はコチラから!


九州の酒の魅力を配信中


↓九州の"お酒"が、九州の旅をもっと楽しくする!"Kampai" at Kyushu↓


九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはココからチェック↓↓


■山バスク
住所:福岡県福岡市中央区渡辺通5-5-3 1F
電話:092-791-9396
時間:17:00~翌2:00
休み:火曜日

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報