【茨城】茨城最強のDNAを受け継ぐG系ラーメンが登場!

山のように高くそびえ立つ野菜、その裾野に鎮座する分厚い煮豚、そして濃厚スープの中に潜む狂暴な極太麺。今、茨城・水戸市で話題沸騰中の最凶G系ラーメンとは?

野菜・アブラ・ニンニクの増し増しで総重量は約2Kgの「めんじろ」(750円)+「豚増し」(200円)
  • 野菜・アブラ・ニンニクの増し増しで総重量は約2Kgの「めんじろ」(750円)+「豚増し」(200円)

茨城を代表する名店出身の店主が独立開業

【写真を見る】県道50号線沿いにある赤い店舗と黄色の看板が目印
  • 【写真を見る】県道50号線沿いにある赤い店舗と黄色の看板が目印

17年1月に水戸市平須町にオープンした「めんじろ」。店主の小沼徹哉さんは、茨城を代表するG系の名店「豚男 BUTAMEN」(那珂市)で修業を積んだのち、独立を果たした。

「めんじろ」もG系ラーメン専門店だが、「もともとG系好きだったので、自分が食べたい味を形にしました」と話す小沼さんは、修業先とはまったく違う一杯だと胸を張る。

麺の量を選べ、初心者からマニアまで楽しめる

スープと一緒に3時間煮込む国産豚のウデ肉はトロトロの食感で病みつきに
  • スープと一緒に3時間煮込む国産豚のウデ肉はトロトロの食感で病みつきに

味噌やまぜそばなどもそろうが、一番人気は基本のめんじろ。サイズはミニ(麺150g・豚約1枚)700円、ノーマル(麺200g・豚約2枚)750円、大(麺300g・豚約2枚)のほか、麺の量(400g~)を好きなだけ選べる“麺増し”+200円もあり、初心者・女性からフードファイターまで、あらゆる客層の胃袋を鷲掴みにする。

無料コールは野菜・アブラ・カラメ・ニンニクで、それぞれ増し増しまでOK。カレー粉や魚粉(各50円)など、有料トッピングも豊富なので、自分好みの味に仕上げて楽しめる。

乳化系豚骨スープ&“マッチョ麺”が自慢

強火で8時間炊き上げた乳化スープは濃厚だがくどさのないマイルドな味わい
  • 強火で8時間炊き上げた乳化スープは濃厚だがくどさのないマイルドな味わい

こだわりの一つがスープ。一般的にG系は非乳化が主流だが、あえて豚骨や背脂をガンガンに炊いて乳化スープに仕上げている。ひと口飲むと醤油ダレよりも豚骨本来の旨味が押し寄せてきて、その違いは歴然だ。

オーション(強力粉)100%の低加水麺で力強い食感が特徴
  • オーション(強力粉)100%の低加水麺で力強い食感が特徴

そして最も力を注いだのが極太麺。オープン当初は「豚男 BUTAMEN」から麺を仕入れていたが、試行錯誤を繰り返し、17年10月から念願の自家製麺に切り替えた。加水率を29%まで抑え、とにかくワシワシとしたかみごたえを重視したという、その名も“マッチョ麺”。 超極太麺をは見た目のインパクトも大きい。【ラーメンウォーカー編集部】

■めんじろ
住所:茨城県水戸市平須町1820-263 アイザワビル1F
電話:非公開
時間:11:30~15:30、18:00~22:30(各LO)※材料なくなり次第終了
休み:水曜
席数:18席(カウンター6、テーブル12)
禁煙喫煙:禁煙
駐車場:24台(無料)※共用
交通:JR水戸駅南口より車で約15分
Twitter:https://twitter.com/Szeath

⇒【カドカワストア/Amazon】でラーメンWalker茨城2018年版を購入!

キーワード

[PR] おすすめ情報