TAKAHIROと岩城滉一、AKIRAの“カツラ疑惑”を追求「かぶってんのか」

「HiGH&LOW」シリーズの最終章が公開!
  • 「HiGH&LOW」シリーズの最終章が公開!

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』の初日舞台挨拶が11月11日に丸の内ピカデリーで開催され、AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也が登壇。一大プロジェクトの最終章を迎え、AKIRAが「奇跡に近いプロジェクト」と万感の思いを語った。

本作は、総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」シリーズの最新作。5つのチームが覇権を競う街、SWORD地区で勃発する新たな抗争を描く。AKIRAは「口がパサパサ。緊張しているのか、乾燥しているのか」と照れ笑いを見せつつ、「3年という長いようで短い月日に、ドラマシリーズから映画、ライブなどいろいろなプロジェクトがあった。なかなかできることではない」とプロジェクトの壮大さを噛み締めた。

TAKAHIROも「同じ役を3年通してやる機会もなかなかない」と感無量の面持ち。「ひとつのコンテンツができた。多方面からいろいろな盛り上げをしつつ、僕らも輝くことができた。『HiGH&LOW』という世界観に感謝している」と心を込めた。

岩城は「みなさんが役作りというより、自分作りをしていた。感極まっている」とメンバーの成長に目を細める。「日本でこんな映画を作った会社ってあるんだろうか。日本で初めてのアクション、友情がある映画。こういう映画を観たのは初めて」とプロジェクトが試みたチャンレジに驚いていた。

また、AKIRAは「岩城さんに『AKIRA、カツラかぶってやってんのか』と言われた。頑張って伸ばしたんです」と岩城からかけられた“カツラ疑惑”について言及。岩城が「カツラだと思った。伸びるのが速いでしょ」というと、TAKAHIROも「AKIRAさんって、本当に速いんです!2か月もあったら、もうロン毛になっている」と続けて会場の笑いを誘っていた。

この日は、達磨に“大ヒット”との文字をしたためたTAKAHIROだが、小林直己演じる九鬼源治とのシーンの裏話を明かす一幕も。「源治が天井から降ってくるシーンがすごく好き。実は10回以上撮った。喉が枯れ落ちるかと思った」と“喉の危機”を感じるほど叫んだことを明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報