着物美人大集合! 白石城下きものまつりレポート

白石城下きものまつりの模様
  • 白石城下きものまつりの模様

生テレ初の、地域限定企画として行われた「東北きもの美人オーディション」。東北を舞台に着物が似合う和風美人を発掘し、東北や着物の魅力を全国に発信するアイドルを見つけよう!というこの企画。21名の参加者は、9月23日(土)から10月20日(金)までの27日間にわたって、番組を配信。最後の最後まで目の離せない戦いを繰り広げたが、最終的には25,203,660DPを集めた地元・宮城県白石市出身のしらいし由梨が優勝。2位は佐藤碧泉、3位は白柏美緒、4位は松田みつき、5位は阿部美鈴となった。この上位5名は、10月21日に行われた「白石城下きものまつり」のステージで艶やかな着物に身を包み、来場者の前にお目見え。あいにくの雨模様の中ではあったものの、表彰状と記念品を手にし、はじけるような笑顔を振りまいた。

白地に四季の花をあしらい、恋する女性の純粋さを現した着物、創作薔薇の帯を結んだしらいしは、「私は地元が大好きなので、この白石を元気にしたいという思いから参加しました。自分自身たくさん成長させていただける場になりました」と喜びの声を発した。

2位の佐藤碧泉は、紫と黒のグラデーションの着物に白で椿を表現した帯を締め、妖艶な雰囲気に。3位の白柏美緒は、藤や菊、桜など古典的な模様に帯は縁起のいい小槌という、クラシカルなスタイル。4位の松田みつきは無限の可能性を秘めた海を思わせる青い着物に、帯はりんどうの花を現した清楚な佇まい。そして5位の阿部美鈴は、淡い紫の下地に芍薬や菊、八重の白椿をあしらった着物に、帯は桔梗という大人の女性らしいいで立ち。それぞれの美しい着物姿に、かけつけたファンも観客も大きな拍手を送っていた。

1位・しらいし由梨の受賞コメント

「私はもともと芸能関係の裏方のお仕事をしていましたので、自分は表に出るべきではないと思っていたんです。でも、“エンターテインメントの力で地元を元気したい”という気持ちは誰にも負けないと思ったので、今回のオーディションのお話を聞いて挑戦しようと決めました。自慢できる特技や強みもないし、見た目にも自信がなかった私ですが、毎日配信を続けていく中で、心折れそうなときにもファンのみなさんが支えてくださいました。最後まであきらめずに続けることができたのも、番組を見て、応援してくださったみなさんのおかげです。生テレの配信中の出来事で印象深いのは、私がカメラの前でブリッジをしたときのこと。ブリッジをした瞬間に回線が落ちてしまって、映画『エクソシスト』のような状態で画面がフリーズしちゃったんです(笑)。そんな、いろいろなアクシデントもありつつ、ファンのみなさまにはたくさんの愛をいただいて、成長させていただきました。また、今回一緒にオーディションに挑んだ仲間とのすばらしいご縁もいただけて、感謝しかありません。今後は、着物をはじめとして日本の伝統的な素晴らしいものを日本国内のみならず海外にも発信していけたらと思っています。また、観光事業にも関心を持っていますので、行政とタイアップしていろいろなお手伝いができればうれしいです」

2位・佐藤碧泉の受賞コメント

「私は、宮城県気仙沼市の出身で、小学校卒業まで住んでいました。その後高校卒業までは仙台で過ごして、大学進学のために上京しました。実家は仙台にありますので、東日本大震災は他人事ではなかったですし、モデルなどの芸能活動をしている私がふるさと宮城のためにできることといったら広告塔になることだと思いながら活動してきました。今回のオーディションも、ファンのみなさんに伝えていくことで、東北のことを知ってもらったり、東北に来てもらうきっかけになればと思って参加しました。ただ、オーディションではほかの人と同じことをしていても絶対に勝てないと分かっていたので、誰よりも多く配信しようと決めました。24時間配信をしたこともありました。最終的な結果が2位と出たときに、『1位を取れなくてごめんね』って泣いてしまったんですけれど、ファンのみなさんは『ごめんねじゃなくて、ありがとうでしょう』って言ってくれて。応援してくださったみなさんへの恩返しをこれから精一杯やっていきたいと思います。まずは、配信で好評だった“お絵描き”のイラストを展示する個展や、オフ会を開催しようと考えています。“お絵描き”のイラストは、ファンの方がデジタル画集化してくださったので、今回のオーディションで私を知ったという方にも、ぜひ見てほしいです」

3位・白柏美緒の受賞コメント

「私はもともとアイドルとして活動していて、仙台にあるアイドルカフェで働いていたのですが、昨年卒業したんです。なので、今回オーディションに参加して、昔から応援してくださるファンの方に元気な姿を見せることができたのが、何よりもうれしかったです。ただ、古くからのファンのみなさんだけに頼っていても決して上には上がっていけないので、いろいろな方に支えていただけたり、拡散していただけるように、お料理を作ったり、工作をしたりして、楽しい配信をしようと心がけました。

私は実家住まいなので、夜の配信だと家族に迷惑をかけてしまうので、カラオケボックスから配信していたんです。だんだん回数を重ねるごとに店員さんに顔を覚えられてしまって「フリータイムですよね?」なんて言われることも。だから、カラオケ店4店舗をローテーションで回っていました(笑)。

一度はアイドルを卒業したので、今回のオーディション参加は私にとっては再スタートとなります。なので、今はまだ明確なビジョンはつかめていないのですが、まずは今回応援してくださったファンの方に恩返しがしたいので、オフ会をすることにしました。直接みなさんとお話をして、元気になってもらったり、私もみなさんから元気をいただけたらと思います」

1位・しらいし由梨の写真特集はこちら
https://thetv.jp/news/detail/128250/

2位・佐藤碧泉の写真特集はこちら
https://thetv.jp/news/detail/128251/

3位・白柏美緒の写真特集はこちら
https://thetv.jp/news/detail/128252/

芸能人とファンをつなぐ無料配信サービス「生テレ」はこちら!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報