サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

アツアツとろとろ~! とろろ入りの汁ものレシピ5選

1年中出回っていますが、10月~12月が長いもの旬。古くから滋養強壮にいいと食べられてきた山いもを、もっと食卓に取り入れてみませんか? 今回は、体も温まるとろろ入りの汁ものレシピをご紹介します。

 

シンプルにとろろを味わう「とろろのすり流し汁」

とろろのすり流し汁
  • とろろのすり流し汁

<材料2人分>

長いも…50~100g、万能ねぎの小口切り…少々、スープ(とりガラスープの素…小さじ1/2、酒…大さじ1、オイスターソース、しょうゆ…各小さじ1/2、こしょう…少々)

<作り方>

1.長いもはすりおろす。鍋に水1と1/2カップを沸かし、スープの材料のとりガラスープの素、酒を入れて煮立てる。残りのスープの材料も加えて調味し、長いもを加えてひと混ぜする。

2.温まったら器に盛り、万能ねぎを散らす。好みでごま油を回しかけても。

具材はすりおろしたとろろと万能ねぎのみ。オイスターソースで深みをつけたスープをぜひ味わってください。

 

滋味深さひろがり、のどごしなめらか「なめことろろ汁」

なめことろろ汁
  • なめことろろ汁

身体にいいと言われる、なめこのとろろのぬるぬる食材の組み合わせのみそ汁。最後に青のりをふって香りよく。

 

中華風味でコクあり「小松菜のとろろスープ」

小松菜のとろろスープ
  • 小松菜のとろろスープ

長いもは2~3回に分けて加えるのがポイント。豚肉が入って食べごたえあり、小松菜入りで栄養価も高いスープです。

 

しっかり炒めた小松菜で「とろろのふんわりみそ汁」

とろろのふんわりみそ汁
  • とろろのふんわりみそ汁

小松菜をとろろで包み込むようにいただくおみそ汁です。ごま油を使って炒める風味もよく仕上がります。

 

冬に食べたい最強スープ「長いもとしょうがのスープ」

長いもとしょうがのスープ
  • 長いもとしょうがのスープ

長いもをはじめ、身体にいい食材ばかりをカップに入れて、熱湯を注ぐだけ! 覚えておきたい、お手軽健康レシピ。

 

汁ものの味付けを変えれば、バリエーション豊かに長いものとろろが楽しめますよね。簡単にできるものも多いので、朝食に取り入れてみてもいいですね。

詳しいレシピはこちら!
とろろのすり流し汁
なめことろろ汁
小松菜のとろろスープ
とろろのふんわりみそ汁
長いもとしょうがのスープ

ほかにもいっぱい! 長いものレシピをチェック!

 ▼生活がグッと楽しく便利に!“プチリフォーム”のための設備情報はこちら

キーワード

[PR] おすすめ情報