大泉洋「ハニートラップに憧れがある」と爆弾発言!北川景子の“悪女ぶり”にゾッコン

大泉洋、北川景子の美しさは「すごい!」
  • 大泉洋、北川景子の美しさは「すごい!」

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーション「ミッドタウン・クリスマス2017」の点灯式に映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)に出演する大泉洋と北川景子が出席。大泉が「ハニートラップに憧れがある」と爆弾発言で会場を盛り上げた。

本作は、東直己の小説を大泉主演で映画化した人気シリーズの第3弾。札幌の歓楽街ススキノを拠点に活動する探偵とその助手が次々と降りかかるトラブルを解決しようと奮闘する姿を描く。謎多きヒロイン・マリを北川が演じている。

大泉は「北川さんの美しさはすごい。男性は楽しいと思う」とヒロインを演じた北川にゾッコン。「北川景子に“遊ぼうよ”って言われたら、そりゃ朝まで遊びますよ。目に涙をいっぱいためて“助けてください”と言われたら、なんでもします。ある程度のお金は貸すね。貸せる、俺は。無理してでも“いいよ”って言う」と宣言し、会場の笑いを誘った。

“悪女”の雰囲気たっぷりのヒロインだが、大泉は「無茶苦茶する。危険な女」と印象を吐露。「(探偵に)ハニートラップをしかけてくる。あっさり探偵はそれに乗る」そうで、「やっぱりハニートラップに憧れはありますね。しかけられたら、あらがう術はない」と爆弾発言。「マリがやって来て“遊ぼうよ”って言われたら終わり。そりゃそうなるでしょ。危険な女ですよ」としみじみと語っていた。

この日は、「ミッドタウン・クリスマス2017」の点灯式を行なった大泉と北川。2人でスイッチを押してきらびやかなイルミネーションを点灯させると、「きれい!」と声をそろえた大泉と北川。華やかな光を見た大泉は「北川さんと結婚したかのよう」とニンマリとし、「毎年やりたい。ずっと僕らでいいんじゃないですか」と点灯式のレギューラ化を希望。北川も「わかります」とうなずき、「ロマンチックでしたね」と目を輝かせていた。

「ミッドタウン・クリスマス2017」は、11月15日(水)~12月25日(月)まで開催。東京ミッドタウン開業10周年を迎える今年は、約51万個の光がクリスマスの夜空を彩る。メインとなる「スターライトガーデン2017」では、“宇宙旅行”をテーマに曜日ごとに異なる演出が施され、月・太陽・土星など太陽系の様々な惑星をイメージしたイルミネーションを日替わりで楽しむことができる。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報