【京都観光】静寂の奥座敷でほっこり湯豆腐はいかが?世界遺産「龍安寺」

石庭(方丈庭園)で知られる世界遺産・龍安寺の境内にひっそりと立つ「龍安寺 西源院」。修行僧が好んで食べた湯豆腐に、旬の野菜で彩りを加えた「七草湯どうふ」が名物。非日常的な静けさや美しい庭、精進料理とのセットもある湯豆腐にほっこり癒されて。<※情報は関西ウォーカー(2017年11月7日発売号)より>

つるんと喉越しのいい豆腐を季節の七草が色鮮やかに彩る

「精進料理 七草湯どうふ付」(3300円 ※写真は湯どうふのみ2人前)/龍安寺 西源院
  • 「精進料理 七草湯どうふ付」(3300円 ※写真は湯どうふのみ2人前)/龍安寺 西源院

「精進料理 七草湯どうふ付」(3300円 ※写真は湯どうふのみ2人前)。7種の和え物や胡麻豆腐といった精進料理と七草湯どうふのセット。つるんと喉越しのいい豆腐を季節の七草が色鮮やかに彩る。湯豆腐単品は1500円。

「喉越しのいい豆腐は木綿と絹ごしの中間で、特別にあつらえたもの。白菜やシイタケ、水菜など七草をちりばめた体に優しい湯豆腐で温まってください」と、店主の長谷川佑子さん。

秘伝のダシと豆腐を七草が彩る/龍安寺 西源院
  • 秘伝のダシと豆腐を七草が彩る/龍安寺 西源院

秘伝のダシと豆腐を七草が彩る。鮮やかさも魅力。

座敷から手入れの行き届いた庭が一望/龍安寺 西源院
  • 座敷から手入れの行き届いた庭が一望/龍安寺 西源院

座敷から手入れの行き届いた庭が一望できる。縁側に出れば、龍安寺の美しい鏡容池も見える。

【写真を見る】ししおどしの音が響き、池には優雅に泳ぐコイの姿も/龍安寺 西源院
  • 【写真を見る】ししおどしの音が響き、池には優雅に泳ぐコイの姿も/龍安寺 西源院

ししおどしの音が響き、池には優雅に泳ぐコイの姿も。11月下旬に見ごろを迎える紅葉時はより見ものに。

入口の門から、庭を抜けるアプローチも贅沢/龍安寺 西源院
  • 入口の門から、庭を抜けるアプローチも贅沢/龍安寺 西源院

入口の門から、庭を抜けるアプローチも贅沢。2つの庭があり、座敷からはどちらも眺められる。

【周辺の紅葉スポット】龍安寺まですぐ、仁和寺まで徒歩10分、等持院まで徒歩10分、大法院まで徒歩15分

■龍安寺 西源院<住所:京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13 電話:075-462-4742 時間:10:00~17:00(LO16:30) 休み:なし 座席:100席 禁煙 駐車場:約100台(食事利用で120分無料) 交通:嵐電龍安寺駅より徒歩7分 料金:昼・夜予算1500円から カード利用:不可 席料:なし>【関西ウォーカー編集部】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報