サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

ラーメン女子が実食!博多・ラーメンスタジアム16周年祭に限定メニューが登場

キャナルシティ博多のラーメンスタジアム(福岡市博多区)で、12月1日(金)から17日(日)に「ラーメンスタジアム16周年祭」を実施。全8店が、このためだけに作った自信作が17日間限定で登場する。ウワサを聞きつけ、ラーメンを愛してやまない博多っ子の2人が、一足先に食べてきた!

2001年12月の誕生以来、県外・国外の観光客にも愛され続けている
  • 2001年12月の誕生以来、県外・国外の観光客にも愛され続けている

味にうるさい博多っ子が、各店のスペシャルラーメンをいざ実食!

今回実食レポートするのは、根っからの豚骨好きでお酒を飲んだ後のラーメンが欠かせないと語るAKIと、年間250杯以上を食べるという雑誌「ラーメンWalker」編集部のハヤーシ。

【写真を見る】「初めて見るラーメンがいっぱいだね」(AKI、写真左)。「期間中に何度も通っちゃいそう!」(ハヤーシ、写真右)
  • 【写真を見る】「初めて見るラーメンがいっぱいだね」(AKI、写真左)。「期間中に何度も通っちゃいそう!」(ハヤーシ、写真右)

気仙沼 かもめ食堂

気仙沼フカヒレ潮ラーメン(1500円/1日50杯限定)
  • 気仙沼フカヒレ潮ラーメン(1500円/1日50杯限定)

最初に向かったのは、気仙沼の人々に愛され続ける「気仙沼 かもめ食堂」。今回登場する「気仙沼フカヒレ潮ラーメン」(1500円/1日50杯限定)は、気仙沼から取り寄せた、上質なフカヒレの姿煮が鎮座する贅沢な一杯だ。スープは、鶏ガラベースに昆布などの魚介ダシを加えたあっさり潮味。美容に関心の高いAKIも、「コラーゲンがたっぷりで、女性に嬉しい1杯だね」と大喜び!

新福菜館

野菜たっぷり豆乳みそラーメン(1000円、ハーフ850円/1日30杯限定)
  • 野菜たっぷり豆乳みそラーメン(1000円、ハーフ850円/1日30杯限定)

続いて、京都を代表する中華そば専門店「新福菜館」へ。「野菜たっぷり豆乳みそラーメン」(1000円、ハーフ850円/1日30杯限定)は、色とりどりの野菜がてんこ盛りのヘルシーなラーメン。豚・鶏ガラのスープに、豆乳とゴマと味噌をブレンドすることで、まろやかな味わいに仕上がっている。「スープがマイルドなので、最後の1滴まで飲み干せそう」とハヤーシの箸が止まらない!

「スープがマイルドなので、最後の1滴まで飲み干せそう!」(ハヤーシ)
  • 「スープがマイルドなので、最後の1滴まで飲み干せそう!」(ハヤーシ)

拉麺 久留米 本田商店

久留米「ヘルシー」まぜそば(ホンダラーメン19号)。980円/1日30杯限定
  • 久留米「ヘルシー」まぜそば(ホンダラーメン19号)。980円/1日30杯限定

次に訪れたのは、豚骨ラーメン発祥の地・久留米から参戦している「拉麺 久留米 本田商店」。肉類を使用せずに、魚介と地産野菜、地醤油、地酒を使った「久留米「ヘルシー」まぜそば(ホンダラーメン19号)」(980円/1日30杯限定)が登場する。甘酸っぱさのある特製のかえしをかけて、豪快に混ぜていざ実食。「特製のかえしは、プリプリしこしこの麺と相性抜群!」とAKIも大満足。

「特製のかえしは、プリプリしこしこの麺と相性抜群!」(AKI)
  • 「特製のかえしは、プリプリしこしこの麺と相性抜群!」(AKI)

らーめん二男坊

FUJIYAMA(1300円/1日30杯限定)
  • FUJIYAMA(1300円/1日30杯限定)

続く「らーめん二男坊」は、「福岡ラーメン総選挙 第一位」に輝いた実力店。魚介ベースのタレに、特製のラー油をブレンドした「FUJIYAMA」(1300円/1日30杯限定)で勝負する。ハヤーシが「ラー油が絶妙なアクセントに。チャーシューも食べ応え十分!」と語るように、ピリ辛で酸味のあるラー油によって、さっぱりとした味にまとめられている。トロトロの熟成チャーシューも見逃せない!

「ラー油が絶妙なアクセントに。チャーシューも食べ応え十分!」(ハヤーシ)
  • 「ラー油が絶妙なアクセントに。チャーシューも食べ応え十分!」(ハヤーシ)

初代 秀ちゃん

辛味噌酒粕ラーメン(1000円/1日30杯限定)
  • 辛味噌酒粕ラーメン(1000円/1日30杯限定)

まだまだ続く実食のレポ。食欲旺盛な2人が向かったのは、博多ラーメンの横綱的存在の「初代 秀ちゃん」。豚骨ベースに辛味噌と酒粕をブレンドした「辛味噌酒粕ラーメン」(1000円/1日30杯限定)は、ラー油がピリッと効いた刺激的な味わいだ。「体の中からポカポカになるので、これからの季節に最適!」と、額にうっすらと汗をかきながら味わうAKI。代謝と食欲が促進されそうな一品だ。

「体の中からポカポカになるので、これからの季節に最適!」(AKI)
  • 「体の中からポカポカになるので、これからの季節に最適!」(AKI)

大明担担麺

重慶ワンタン入り担担麺(980円/1日30杯限定)
  • 重慶ワンタン入り担担麺(980円/1日30杯限定)

お次は、あの「中国大明火鍋城」が手がける「大明担担麺」へ。看板メニューの担担麺に、ジューシーで滋味深いワンタンをたっぷりトッピングした「重慶ワンタン入り担担麺」(980円/1日30杯限定)が登場する。ハヤーシは「つるりとした麺に、あっさりとしながらもコクのあるスープがよく絡みます」とペロリ。シャキシャキとした食感のレタスが、欠かせない名脇役になっている。

「つるりとした麺に、あっさりとしながらもコクのあるスープがよく絡みます」(ハヤーシ)
  • 「つるりとした麺に、あっさりとしながらもコクのあるスープがよく絡みます」(ハヤーシ)

札幌らーめん 大地

オマール海老 濃厚味噌らーめん(1600円/1日20杯限定)
  • オマール海老 濃厚味噌らーめん(1600円/1日20杯限定)

「札幌らーめん 大地」では、全長約2mの熊の剥製がお出迎え。その迫力に圧倒される2人だが、程なくして運ばれてきた「オマール海老 濃厚味噌らーめん」(1600円/1日20杯限定)にも再び圧倒されることに。オマール海老がどんと乗る豪快な一品で、鶏ガラと香味野菜でとるスープはコクがたっぷり。「香り豊かな海老の香味油がポイント。思わずSNSにアップしたくなっちゃう!」とAKIのテンションもUP。

「香り豊かな海老の香味油がポイント。思わずSNSにアップしたくなっちゃう!」(AKI)
  • 「香り豊かな海老の香味油がポイント。思わずSNSにアップしたくなっちゃう!」(AKI)

元祖 名島亭

濃厚 スペシャル海老味噌ちゃんぽん(海老のせ)。1400円/1日10杯限定。レギュラーは1100円/1日20杯限定
  • 濃厚 スペシャル海老味噌ちゃんぽん(海老のせ)。1400円/1日10杯限定。レギュラーは1100円/1日20杯限定

ラストを飾るのは、福岡の東の雄「元祖 名島亭」。16周年祭では、3種の味噌と有頭海老ガラから抽出したエキスを合わせる「濃厚 スペシャル海老味噌ちゃんぽん(海老のせ)」(1400円/1日10杯限定、レギュラーは1100円/1日20杯限定)が登場する。使用する味噌は、それぞれ産地を変えるというこだわりよう。「3種の味噌とエビの旨味が凝縮された一杯。コクと深みのある味わいがグッド!」とハヤーシも太鼓判を押す一杯だ。

百聞は一見に如かず!今すぐラースタに駆け込むべし

「お気に入りのラーメンは…全部(笑)。どれも絶品なので、選びきれないよ~」(AKI)、「期間中に何度も足を運んで、全店制覇してもらいたい!」(ハヤーシ)と、実食したふたりも大満足のスペシャルラーメン。このチャンスを逃すともう食べられないので、今すぐラースタへ出かけよう!

期間中、各店の「スペシャルラーメン」を食べると、先着でスペシャルラーメン缶バッジとアニメ「博多豚骨ラーメンズ」のオリジナルポストカードももらえるよ!

[ラーメンスタジアム ]福岡県福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多センターウォーク5F / 092-282-2525 / 11:00~23:00(LO22:30) / 年中無休

【九州ウォーカー編集部/文=岩崎洋明、撮影=菅祐介/PR】

九州の最新ニュースを配信中!九州ウォーカーWEB

■ラーメンスタジアム
住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多センターウォーク5F
電話:092-282-2525
時間:11:00~23:00(LO22:30)
休み:年中無休

キーワード

[PR] おすすめ情報