【神奈川】新丸子の人気店「麺や でこ」が煮干し専門店に生まれ変わった!

丸鶏に魚介などを合わせた清湯(チンタン)スープで人気を博した新丸子にある「麺や でこ」が、「まぜそば」(麺200g¥750、麺300g830円ほか)以外のメニューを11月15日から一新! 新メニューのベースは「煮干し」。店主が「ラーメン店を始めてから10年が過ぎたし、そろそろ前からやりたいと思ってた煮干しをやることにしました」とのこと。

雑味などいっさいナシ! 煮干しの旨味のみが優しく体に染みわたる逸品

煮干しは香川県の伊吹いりこを中心に、鳥取県境港のアジ、千葉・九十九里のセグロ(カタクチイワシ)の3種をブレンド。そこに、鶏挽肉やシイタケ、コンブなどを加え、「麺や でこ」らしい旨味を活かしたまろやかで深みのある一杯になっている。

「追い煮干そば」(800円)。伊吹いりこを中心に3種の煮干しの旨味を抽出
  • 「追い煮干そば」(800円)。伊吹いりこを中心に3種の煮干しの旨味を抽出

【おすすめの一杯!】

「追い煮干そば」(800円)。エグミなどない煮干しの旨味を存分に楽しめる。また、麺は「煮干しスープ=低加水」という一般的なものにこだわらず、弾力のある特注麺で、しかも希少価値の高い北海道産強力粉「春よ恋」を使っており、麺とスープの一体感が抜群なのも注目したいところ。麺をすするたびにダシもきちんと味わえる。

【ラーメンデータ】<麺>中/平打/ストレート <スープ>タレ:醤油 仕上油:煮干油 種類:魚介(煮干)

追い煮干そば以外にも、「浅利香味そば」(900円)、「味噌そば」(900円)などもある。また、煮干ラーメンの定番の”和え玉”は生姜の和え玉(200円)があり、ショウガのさっぱり感がクセになる。食べると体がポカポカしてくるほどショウガの醍醐味を味わえるので寒い日にはぜひ試してみよう。

「煮干そば」の文字がしっかりと刻まれる外観
  • 「煮干そば」の文字がしっかりと刻まれる外観

【麺や でこ】住所:川崎市中原区小杉町1-520-6 電話:044・819・8767 時間:11:30~15:00、18:00~21:00、土曜・日曜・祝日11:00~(各LO) 休み:火曜 座席:12席(カウンター8、テーブル4)禁煙 駐車場:なし 交通:東急東横線新丸子駅西口より徒歩3分

【取材・文=瀧本充広】

⇒神奈川県内の人気&注目ラーメン308杯をドカンと掲載!
⇒【カドカワストア/Amazon】でラーメンWalker神奈川2018年版を購入!




【公式Twitter】はこちら

【ラーメンウォーカー2018年度特設ページ】はココからチェック!


⇒まだある!神奈川の新店など最旬ラーメンNEWSはココからチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報