美しすぎるシャルレーヌ公妃、ついに唇に異変!?

美しさが絶賛されてきたシャルレーヌ公妃だが…
  • 美しさが絶賛されてきたシャルレーヌ公妃だが…

モナコ公国のナショナル・デイに、アルベール2世大公とともに現れたシャルレーヌ王妃。女優ばりの美しさやセンスの良いドレスが絶賛される一方で、唇に異変が起きていると話題になっている。

シャルレーヌ公妃が選んだのは、アクリスの、ロイヤルブルーでベルベットのコートドレスに、スウェードの同カラーのパンプスという出で立ち。デイリー・メール紙に掲載されている、ショートの金髪ヘアに黒い帽子をかぶった姿はエレガントで美しいと絶賛されているが、ネットユーザーたちは、シャルレーヌ公妃の唇がこれまでと違っていることに違和感を覚えた様子。

「綺麗だけど、どこか今までと顔が違う」「唇がぷっくりしている」「妊娠かフィラー?」「シャルレーヌ公妃の顔は、かなりボトックスをやっていると思う」といった声が寄せられている。

しかしそんなことよりも「赤ちゃんだった双子のジャック公子とガブリエラ公女が、すっかり大きくなっている」「前は区別がつかなかったけど、ヘアカットしてすっかりイメチェンしたみたい」「シャルレーヌ公妃に似れば、ジャック公子はかなりのイケメンになりそうで将来が楽しみ」と、可愛い双子に注目している人たちも多いようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報