「僕は完全に“のび太”」大泉洋『映画ドラえもん』出演の決め手は?

大泉洋のお兄ちゃんは「ドラえもん」!?
  • 大泉洋のお兄ちゃんは「ドラえもん」!?

1980年の春休みに映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』が公開されて以降、現在まで不動の人気を誇る『映画ドラえもん』シリーズ。今年3月に公開された37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は老若男女に幅広く支持され、水田わさびに声優交代してからの新シリーズでは最高となる興行収入44.3億円を記録した。

さらに人気が加速しつつある『映画ドラえもん』シリーズの38作目である『映画ドラえもん のび太の宝島』(2018年3月3日公開)を手がけるのは、テレビアニメ「ドラえもん」の演出を数多く手がけ、本作で初めて劇場版の監督を務める今井一暁。脚本は『バケモノの子』『君の名は。』などヒット作の映画プロデューサーのみならず「世界から猫が消えたなら」などで小説家としても活躍する川村元気が担当している。

本作は大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げるという王道の冒険物語を、新たな切り口で描く。

そしてこの度、幅広い層から支持される個性派俳優・大泉洋がゲスト声優として出演することが決定。『千と千尋の神隠し』『バケモノの子』など、実は今までに10作品ものアニメ映画に出演しており、声優としても評価が高い。これまでは明るくユーモアに溢れたキャラクターを多く演じてきた大泉だが、今回はのび太たちを襲う海賊船の船長で、宝島に眠る財宝のカギを握るキャプテン・シルバーという敵役に挑戦。

取材でドラえもんと初対面した瞬間「ドラえも~ん、会いたかったよ!」と駆け寄って喜びを爆発させた大泉。彼自身もドラえもんの漫画を読んで育った世代ということで、相当な意気込みを持っている様子。

「今回オファーをいただいた率直な気持ちは“ついに来た!ドラえもんだ!”という感じです(笑)まずはマネージャーとではなく、6歳の娘と話し合いました。「どうする?パパ、ドラえもんに出てほしい?」って聞くと「うん!」って。最終的なGOは娘が出しました(笑)」

「脚本がまた良いんです。ドラえもんの映画って、大人が見ても泣いちゃいますが、今回も本当にぐっとくる物語で、子どもを持つ親としては参っちゃいます。僕は立派なドラえもん世代で、子どもの頃は漫画を買って読んでいましたが、僕は完全にのび太ですよね、出木杉君ではなく。最終的にドラえもんに頼る姿は、かつての兄に頼る僕です。兄は僕のドラえもんでした」と語り『映画ドラえもん』出演の喜びをかみしめた。

今回は海賊船の船長という、普段とは少々趣の異なった役どころだが「何かひとつ信念を持っているような、深みのある大人の男を演じられたらと思っています。ドラえもんに自分が参加していることに感動していますが、まずは映画を盛り上げられるよう頑張ります!」と意気込みバッチリ。取材の終わりには「パパ、頑張るからね!」と、愛娘へのメッセージを送ってくれた。

川北桃子プロデューサーによれば、大泉演じるシルバー役は「脚本作りの段階から監督の今井さん、脚本の川村さんをはじめ、まさに全員一致で大泉さんをイメージし、準備を進めていました」との事で、まさに相思相愛のキャスティングと言える。先だって行われたアフレコでは「監督も大泉さんが声を吹き込んだ瞬間、シルバーのキャラクターが完成したと興奮気味です!」と、期待に違わないハマりぶりだったそうだ。

財宝の秘密をめぐるスリリングな物語が予測される本作。例年豪華アーティストが担当する主題歌の発表など、来年春の公開まで新たな情報を楽しみに待ちたい!

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報