登坂広臣「やってみたい!」『HiGH&LOW』続編で“雨宮兄弟の焦る姿”に乗り気

登坂広臣、『HiGH&LOW』続編の構想とは?
  • 登坂広臣、『HiGH&LOW』続編の構想とは?

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』の大ヒット感謝祭舞台挨拶が11月26日に丸の内ピカデリーで開催され、登坂広臣、山下健二郎、佐藤寛太、ELLY、NAOTO、山田裕貴 、鈴木貴之、一ノ瀬ワタルが登壇。登坂が、シリーズ続編があったとしたら“やってみたい展開”について明かした。

本作は、総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」シリーズの最新作。5つのチームが覇権を競う街、SWORD地区で勃発する新たな抗争を描く。登坂は「またこうしてみなさんとお会いできるのも、たくさん劇場に足を運んでいただいたからこそ」と観客に感謝の言葉を述べた。

本シリーズで得たものを聞かれると、登坂は「もう得ていたものを、出すだけだった」と男前なコメント。周囲からも「かっこいい」と声が上がる中、NAOTOは「(登坂の)焦った姿とか見てみたい」と告白。劇中で登坂が演じた雨宮兄弟についても、NAOTOは「常に急ぎもしなければ、焦りもしない。廊下で追いかけられても急がない!」と突っ込み、山下も「冷静やんね!」と続くと、会場も大爆笑だった。

続編への期待も高まる本シリーズだが、さらにNAOTOは「雨宮兄弟がとんでもなく焦る続編を作ってほしい」と熱望し、登坂も「確かに。俺もやってみたい」と前のめりの様子。NAOTOが「空港に行ってパスポートを忘れたりするとか。うわうわ!ヤバいヤバい!って。冷や汗もんの雨宮兄弟だけを流す」と具体例をあげると、登坂は「乞うご期待で」と楽しそうな笑顔を見せていた。

また山下も「登坂くんが焦るところを見たい」と望みつつ、「(自分は)ダン、テッツ、チハルという3人でグループをやらせてもらっている。その3人で面白いことができたら。8割、お笑いの方向。ケンカのない平和な映画を作りたい」と続編の構想を語っていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報