キャサリン妃、ドレスが『アナ雪』に激似と大好評!

安定期に入り、公務に復帰しているキャサリン妃
  • 安定期に入り、公務に復帰しているキャサリン妃

第3子を妊娠中のキャサリン妃が、ブルーグレーのレースドレスで公務に姿を現し、まるで『アナと雪の女王』のエルサみたいだと絶賛されている。

ウィリアム王子とともに、エリザベス女王が後援する音楽芸術基金のためのイベント「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」に出席したキャサリン妃は、顔回りがボリューミーなゴージャスかつエレガントなヘアスタイルに、御用達のジョニーパッカムのスパンコールやビーズがちりばめられた華やかなシアードレス、シルバーのオスカー・デ・ラ・レンタのハイヒールという出で立ち。

デイリー・ミラー紙などに掲載されている写真を見てみると、顔は少々ふっくらしているが、妊娠していることを知らなければ、お腹周りはほとんど目立たずパーフェクトな装いに見える。

それについてネットユーザーたちからは「なんてエレガントなの」「本当に妊娠しているのかと疑いたくなる体型」「すごく似合っている」「キャサリン妃は、ゴージャスなドレスに負けないくらいゴージャス!」「このドレスは大正解」「まるでエルサみたい」といった絶賛の声が寄せられており、今回のドレスはいつもに増して評判がよかったようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報