頼んでいないのに帰ってきたデッドプール!俺ちゃん大暴れの『デッドプール2』特別映像が公開

俺ちゃんがホームパーティを開催!?
  • 俺ちゃんがホームパーティを開催!?

アベンジャーズ、X-MEN、スパイダーマンなど多数のヒーローを生み出してきたマーベル・コミックス。その中でも最も“やりすぎ”なヒーローとして、1991年にコミックに初登場以来絶大な人気を誇るのがデッドプールだ。

初の主役映画『デッドプール』が2016年に公開されると、全米では『アバター』を超えて20世紀フォックス映画史上最高のオープニング成績を記録。あれから約2年、待望の続編『デッドプール2(仮題)』の日本公開が2018年6月に決定し、特別映像と特別画像が公開された。

『デッドプール』は、特殊部隊の精鋭だったウェイド・ウィルソンが不死身の肉体を身につけ、自ら作ったユニフォームで“デッドプール”として戦う物語。能天気で無責任、口から飛び出すのは毒舌ばかりですぐにブチ切れる。自分のことを“俺ちゃん”と呼び、ハローキティのグッズを愛用するなど、トチ狂ったキャラクターを持つデッドプールが、全世界で人気を集めた。

今回公開された「デッドプールと油彩画法を学ぶ絵画教室」と銘打った映像は、日本でも1990年代前半に放送され、人気を集めたテレビ番組「ボブの絵画教室」のパロディ。画家ボブ・ロスのトレードマークとも言える白シャツにジーパン、アフロヘアまで真似してしまった。しっかりシゴいた筆で、“オ●ッコ色”から描き始めるや「白い粉の中を転げまわりたい」などとのたまう。そこで突如、激しいアクションシーンが映し出されるがたった数秒で終わってしまい、気がつけば先程とは違った絵が完成している、というシュールなものだ。

『ジョン・ウィック』の共同監督を務めたデヴィッド・リーチがメガホンをとる本作は、ライアン・レイノルズが引き続きデッドプールを演じ、プロデューサーも兼任。ジョシュ・ブローリンが演じるケーブルや、ザジ・ビーツ扮するドミノなどの新キャラクターも登場し、またもや破天荒に常識を覆すデッドプールから目が離せなくなること間違いナシだ。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報