糖尿病の慢性炎症を抑制! ヨーグルトや乳酸菌飲料のススメ

ヨーグルトや乳酸菌飲料に新たな可能性が?
  • ヨーグルトや乳酸菌飲料に新たな可能性が?

今年10月、ヤクルト本社と順天堂大学大学院医学部の研究グループは、プロバイオティクス飲料に関する新たな発見を発表しました。プロバイオティクスとは、腸内環境を良くするための細菌や微生物と、それらを含む食品のことをいいます。

代表的なものは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を含むヨーグルトです。

 

糖尿病の新薬が開発される可能性も

今回の発見では、プロバイオティクス飲料を日本人の2型糖尿病患者に継続的に摂取してもらったところ、腸内フローラと呼ばれる腸の中の細菌が変化したことが確認されました。さらに、糖尿病の慢性炎症の原因となっている、血液中への腸内細菌の移行が抑制されたことも明らかになっています。

2型糖尿病とは、肥満や生活習慣で発病するタイプで、一般的に慢性炎症を患っている傾向があります。つまり、プロバイオティクス飲料による今回の新発見から、2型糖尿病の発症メカニズムや新薬開発の可能性が広がるという見方があるのです。

 

プロバイオティクスで腸内環境を整える

一口にヨーグルトといっても、含まれている菌にはさまざまな種類があります。例えば、胃酸や胆汁酸に強く、「生きたまま腸に届く」と言われているLGG乳酸菌は、タカナシ乳業の「おなかへGG!」に含まれています。

【写真を見る】タカナシヨーグルト「おなかへGG!」
  • 【写真を見る】タカナシヨーグルト「おなかへGG!」

ヤクルトの「ソフール」には、腸内で有用な働きをする乳酸菌シロタ株が、雪印メグミルクの「恵」には、腸内に長くとどまるガゼリ菌SP株が含まれています。これらはすべて特定保健用食品、いわゆる「トクホ」製品でもあります。

トクホ認定されていない商品でも、有用な乳酸菌を含んだヨーグルトは多々あります。また、ヨーグルト以外でも、キムチやチーズ、味噌などにも、プロバイオティクスがたくさん含まれています。

乳酸菌には腸内環境を整えるだけではなく、血中コレステロールを減らしたり、抵抗力を高めたりする働きも期待されています。乳酸菌による効果や定着性には個人差があるそうなので、いろいろなプロバイオティクス食品を試して、自分に合うものを探してみるのもいいかもしれませんね。

プロバイオティクスで、腸内フローラが変化。
  • プロバイオティクスで、腸内フローラが変化。

 

【関連レシピ】ヨーグルトポテトサラダ

ヨーグルトを使うと、あっさりとしたやさしい味わいに。

【関連レシピ】ヨーグルトポテトサラダ
  • 【関連レシピ】ヨーグルトポテトサラダ

<材料>(2人分)

新じゃがいも…大2個(約200g)

きゅうり…1/2本

ヨーグルト…大さじ2強

玉ねぎのすりおろし…小さじ1/2

・塩、オリーブ油、酢、こしょう、砂糖

<作り方>

1.じゃがいもは皮をむいて耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約5分加熱し、そのままおいて粗熱をとる。

2.きゅうりは薄い輪切りにし、塩少々をふってしんなりとするまでおく。さっと水で洗い流して水を絞る。

3.ボウルにヨーグルト、玉ねぎと、オリーブ油、酢小各さじ2、塩、こしょう、砂糖各少々を入れて混ぜ合わせる。2を加えてひと混ぜし、1を手でつぶしながら加え、全体をよく混ぜ合わせる。

【関連レシピ】
ヨーグルトポテトサラダ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード