【茨城】『ラーメンWalker茨城2018』の無料試食券で、高級地鶏100%ラーメンを体験!

2017年も50軒以上(編集部調べ)の新店が産声を上げた茨城ラーメン界。茨城のラーメンをこよなく愛する人に、最高の一杯を届けるための雑誌が『ラーメンWalker茨城2018』だ。今年オープンした店の中から、さんさんと輝く注目4店を、編集部がセレクト。茨城新店四天王の一角「活龍鶏そば専門店 とりだけ」。『ラーメンWalker茨城2018』には、その「活龍鶏そば専門店とりだけ」の人気メニュー「鶏白湯 並盛(塩または醤油)(750円)」の無料試食券がついてくる!

天辺ダッシュカンパニー代表の芝山健一さん。「地鶏は、早めに売り切れる週も。今後は合鴨なども出店予定です」と語る。
  • 天辺ダッシュカンパニー代表の芝山健一さん。「地鶏は、早めに売り切れる週も。今後は合鴨なども出店予定です」と語る。

全国のラーメンイベントにも出店し、今や全国区の知名度を誇る「活龍」をはじめ、県内で6ブランドを展開する「天辺ダッシュカンパニー」。その最新店が「活龍鶏そば専門店 とりだけ」だ。「今までのうちになかった鶏に特化した店です。ただそれだけではつまらないので、全国の地鶏を週替わりで味わえるメニューを考案しました」と代表の芝山さんは言う。これまでに扱った地鶏は青森シャモロック、名古屋コーチン、比内地鶏、奥久慈しゃも、東京しゃも、みやざき地頭鶏など。「レギュラーの鶏そばはブロイラーのガラを使っています。それに比べて地鶏は複雑で奥深い味わい。2つを一緒に注文して食べ比べて見てもおもしろいですよ」と語った。

看板メニューの「極~kiwami~」(800円~1050円)。無料試食券では「鶏白湯 並盛(塩または醤油)」(750円)が食べられる。
  • 看板メニューの「極~kiwami~」(800円~1050円)。無料試食券では「鶏白湯 並盛(塩または醤油)」(750円)が食べられる。
「極~kiwami~」。鶏チャーシューなどの具は別皿だ。
  • 「極~kiwami~」。鶏チャーシューなどの具は別皿だ。

写真は、看板メニューの「極~kiwami~」。スープをひと口飲むと、鶏の旨味の強さに驚かされるはず。鶏チャーシューなどの具は別皿で用意されている。価格は800円から1050円で地鶏によって異なる。

「極~kiwami~」以外のメニューも、すべて鶏スープにこだわっている。あっさり系からこってり系まで多彩な味がそろうが、一番人気は「鶏白湯~トリュフの薫り~」(850円)。濃厚でマイルドな鶏白湯スープに、芳醇なトリュフソースを重ねた贅沢な一杯で、醤油、塩から選べる。『ラーメンWalker茨城2018』には、その「活龍鶏そば専門店とりだけ」の「鶏白湯 並盛(塩または醤油)(750円)」の無料試食券がついてくる!高級地鶏100%のラーメンを味わえるチャンスだ!

【ラーメンウォーカー編集部】

『ラーメンWalker茨城2018』。
  • 『ラーメンWalker茨城2018』。
■活龍鶏そば専門店 とりだけ
住所:水戸市河和田3-2316-2
時間:11:30~14:30、17:00~21:00(各LO)
定休日:月(祝日の場合翌日)
座席数:18席(カウンター6、テーブル12)
タバコ:禁煙
駐車場:9台
アクセス:赤塚駅より車で約7分

⇒【カドカワストア/Amazon】でラーメンWalker茨城2018年版を購入!


【公式Twitter】はこちら

【ラーメンウォーカー2018年度特設ページ】はココからチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報