【山歩きグルメ】紅葉狩りの神奈川・大山詣 こま参道食べ歩きで旅気分満喫!

関東の紅葉も、いよいよ最終章に突入。散り際のモミジやイチョウの姿も、また風情があって美しいもの。今回ご紹介するのは、神奈川県伊勢原市大山エリア。大山は山岳信仰「大山詣」の地で、大山阿夫利神社と雨降山 大山寺という由緒正しき神社と寺がある。また、紅葉スポットとしても名高く、週末は多くの人が訪れる。なお、神社や寺へはケーブルカーか登山で行ける。

創建は紀元前の崇神天皇の時代と伝えられている大山阿夫利神社。写真は、ケーブルカー阿夫利神社駅のそばにある下社
  • 創建は紀元前の崇神天皇の時代と伝えられている大山阿夫利神社。写真は、ケーブルカー阿夫利神社駅のそばにある下社

大山には、ケーブルカーの駅に行く途中の階段沿いに、複数の店が並ぶ「こま参道」がある。大山名物の豆腐料理を提供する店やおみやげ店など多彩で、歩きながら見るのが楽しい。大山詣と紅葉狩りの前後は参道に立ち寄って、ゆったり旅気分を満喫しよう。

階段沿いに続くこま参道には、さまざまな店が両サイドに並ぶ
  • 階段沿いに続くこま参道には、さまざまな店が両サイドに並ぶ

大山詣の前に腹ごしらえランチ 参道の名店3選

大山エリアで最も有名な名物が、素材にこだわる大山豆腐。豆腐料理の店は、夜だと少々値段が張るが、昼なら同じおいしさでお得に食べられるので、気軽に味わってみたい。ここでは、こま参道の人気食事店3店をピックアップ!

1店目は、1階が豆腐料理の食事スペース、2階が大山現代美術館になっている、モダンな雰囲気の食事処「夢心亭(むしんてい)」。人気メニューは、豆腐づくし大和豚 ゆば丼セット。ランチのみの取扱いで、味のよさはもちろん、見た目も美しいお得なセットだ。

「夢心亭」の豆腐づくし大和豚 ゆば丼セット1814円
  • 「夢心亭」の豆腐づくし大和豚 ゆば丼セット1814円

次にご紹介するのは、老舗の料理店「かんき楼」。ここでは、とろろご飯をぜひ。程よい粘りがクセになるとろろ汁、山菜、小鉢、香の物、ご飯がセットになっている。生湯葉三品盛り1135円も好評!

「かんき楼」のとろろご飯1185円
  • 「かんき楼」のとろろご飯1185円

3店目は、落ち着いた雰囲気の豆腐料理店「とうふ処小川家」。いちおしは、とうふ会席コース竹。ゴマ豆腐、豆乳湯豆腐、揚げだし豆腐など、5種類の豆腐料理が並ぶ。大豆の風味が深い大山豆腐のおいしさを、さまざまな形で味わえるのがうれしい。

「とうふ処小川家」のとうふ会席コース竹2484円
  • 「とうふ処小川家」のとうふ会席コース竹2484円

参道の甘い誘惑に負けたい!おすすめスイーツ2選

大山詣の帰りは、こま参道を再びぶらびら散策。旅の疲れを癒すなら、やっぱり甘いものはハズせないだろう。ここで食べるなら、スイーツも大山豆腐にこだわりたい。おみやげは、大山の歴史にふさわしい逸品和菓子をチョイス!

まずは、大山豆腐をスイーツで味わえる店のご紹介。代々伝わるみやげ店「ゑびすや土産店」では、豆腐アイスが人気だ。冷たい豆腐味を再現しており、濃厚な味わい。参道での食べ歩きおやつにぴったり。

「ゑびすや土産店」の豆腐アイス350円
  • 「ゑびすや土産店」の豆腐アイス350円

おみやげは、江戸時代から続く老舗和菓子店「良辨(ろうべん)」で。看板商品は、沖縄産の黒糖を使った皮でこしあんを包んだまんじゅう。優しい甘さにほっとする。

「良辨」のまんじゅうは、12個入り1070円
  • 「良辨」のまんじゅうは、12個入り1070円

山歩きガイド本「ラクちん!東京から行く 絶景山歩き&ハイキング」には、各店の営業時間など詳細を掲載しているので、ぜひチェックしよう。そのほか、大山エリア以外にもたくさんの山歩きスポットをご紹介。ぜひチェックして、秋の終わりの休日を充実させよう。

【カドカワストア/Amazon】で「東京から行く ラクちん!絶景山歩き&ハイキング」を購入!


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報