シャナイア・トウェイン、変わり果てた顔にネット騒然!

2002年当時のシャナイア
  • 2002年当時のシャナイア

歌手のシャナイア・トウェイン(52)の変わり果てた姿に、ネットが騒然となった。

シャナイアは、2008年に音楽プロデゥーサーの夫ロバート・ジョン・マット・ランジが、5歳年下のシャナイアの親友と浮気したことから立ち直れておらず、加齢に対する容姿の衰えなど、外見のプレッシャーを感じていると語っていた。

そのシャナイアが、BBCワールドワイドが手掛ける人気リアリティ番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」の審査員として登場したが、少々太目になっただけではなく、雰囲気が様変わりしており、一瞬誰だかわからなかったファンもいた様子。

美容外科医だけではなくファンたちも「顔をいじりすぎて認識不能になった」と感じたようで「シャナイアがシャナイアじゃなくなっちゃった」「これじゃペテン師」「奇妙」といったツイートが飛び交った。

それについて美容外科医のアンソニー・ヨーンは「彼女の年齢にしては、顔がパーフェクトすぎますね。明らかにボトックスなどで手を加えています。額のシワをとり、フェイスリフティング、そして上瞼のリフティングもやっているように見えます。頬が盛り上がりすぎているのでフィラーの影響でしょう。彼女らしさがなくなっているのはひどすぎます。いじっていないのは鼻だけですね」とナショナル・エンクワイラー紙に語っている。

ファンたちも同医師の意見を認めざるを得ないようで、辛い過去を断ち切る事には賛同していたようだが、ここまでやることは望んでいなかったため、かなり衝撃を受けているようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報