東京コミコンに“2人のエド”が降臨!山田涼介の呼び方に朴ロ美がダメ出し

12月1日より公開中の映画『鋼の錬金術師』の曽利文彦監督、エド役の山田涼介、ウィンリィ役の本田翼、衣装担当の西原梨恵、アニメ版でエドを演じた声優・朴ロ美が、幕張メッセで開催中の「東京コミコン」のイベントステージに登壇。実写版とアニメ版のエド役が共に“ハガレン”の魅力について熱い想いを語り、会場を沸かせた。

マスタング大佐のコスプレで優秀賞に選ばれたちびっ子にインタビューする朴ロ美
  • マスタング大佐のコスプレで優秀賞に選ばれたちびっ子にインタビューする朴ロ美

山田と朴は、作品を通じて知り合い、食事をしたり、ハガレンについて語り合う仲だという。山田が「朴さんが…」と語り始めると、朴から突然、「違う!ロミちゃん」と呼び方について鋭いツッコミが飛び、場内は爆笑。改めて山田が「ロミちゃんは、同じエドを演じた者として(作品について)共感できることがありました」とコメント。映画で大泉洋が演じる錬金術師タッカーのあるシーンで抱いた気持ちが2人ともまったく同じだったと明かしている。

このことについて朴は「私が演じていた時、あのタッカーのシーンで心にスイッチが入ったんです。そのことを話したら、山田君もまったく一緒だったんですよね」と心のシンクロに驚いたそう。また、朴と話をすることで山田は「(クランクアップ後)僕にもまだできることがあるんじゃないか?と思い、曽利監督にあるシーンを改めてアフレコさせてもらったんです」と映画に懸ける情熱を明かし、朴もまた、「すべてをひとりで背負って頑張っている」と、山田をねぎらった。その裏話を聞いて、本田は「えっ、どこどこ?」と、訪ねるが、監督と山田は画を観て、当ててみてもらいたい」とはぐらかした。

【写真を見る】アルの鎧を見てウットリ。思わず触れてしまう本田翼
  • 【写真を見る】アルの鎧を見てウットリ。思わず触れてしまう本田翼

イベントステージでは、公募のコスプレイヤーによるコスプレコンテストの最終審査も行われ、100組を超える応募者から、選ばれた12組のプレイヤーたちがエドやアル、敵役のラストなど思い思いにこだわったコスプレ姿を披露した。本田や朴による審査の結果、グランプリに輝いたのは、アルのコスプレでエントリーしたコスプレネーム「中隊長」さん。評価の決め手はそのクオリティで、輝きや質感までこだわり抜かれた鎧で、本田もついつい触ってしまうほど。

中隊長さんは、今の心境を訪ねられると「早く元の姿に戻りたい」と鎧を脱ぎたいのか、設定に合わせたのか、どちらとも取れる絶妙なコメントで、すかさず朴が「待ってろ!取り戻してやるからな!」とエドの声で応え、会場を盛り上げた。また、輝く目のギミックについて本田が「どうなっているんですか?」と訪ねると、「これはLEDで…」と回答。すると、今度は朴が「電池とか言うな!体取りもどさないぞ!」とツッコミを入れ、さらに爆笑が巻き起こった。

グランプリに輝いたアルのコスプレイヤー。目が光るギミックが秀逸
  • グランプリに輝いたアルのコスプレイヤー。目が光るギミックが秀逸

イベントの最後には、山田が「(『鋼の錬金術師』は)見た人全員を虜にする。兄弟、家族、仲間への愛と、何があっても突き進むエドの姿を見て、熱い思いを受け止めて、楽しんで欲しい。映画もアニメも両方見てもらえたら」と、締めくくった。東京コミコンは、この日、2日目。明日、12月3日(日)まで、同所で開催される。

※朴ロ美の「ロ」は、「王」に「路」。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報