森久保祥太郎もビックリ!石丸博也が『マジンガーZ』兜甲児役を「忘れちゃった」

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』で兜甲児役を務めた声優の森久保祥太郎
  • 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』で兜甲児役を務めた声優の森久保祥太郎

永井豪画業50周年プロジェクトとして1970年代に一世を風靡したロボットアニメをスクリーンに復活させた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』(2018年1月13日公開)のジャパンプレミアが、12月3日に新宿バルト9で開催。声優を務めた森久保祥太郎、上坂すみれ、花江夏樹、朴璐美、宮迫博之、おかずクラブのオカリナ、ゆいPが舞台挨拶に登壇した。主人公・兜甲児役を務めた森久保は、テレビアニメ「マジンガーZ」で同役を務めた声優の石丸博也から激励されたというエピソードを明かした。

森久保は「石丸さんも別の役で出演されていたので、当時の様子や兜甲児、マジンガーZに対する思いを伺いたいと思ったんですが、石丸さんはユーモアのある方なので『忘れちゃった』と言われて(笑)。『君が思う兜甲児を演じてよと』と背中を押していただきました」と石丸に感謝した。

宮迫と朴は、2人1役であしゅら男爵を演じたが、アフレコも同時に収録したと言う。宮迫は「あの長台詞を2人でね。大変でしたね」と言うと、朴は「息ピッタリでしたね」と手応えを口にする。宮迫は「いつもやってる相方よりは合いやすかった」と言って笑いを取った。

本日12月3日は、45 年前に「マジンガーZ」が放映を開始した日ということで、特注ケーキでお祝いした。森久保は「僕も今朝、公式Twitter で知って。そういう日にプレミアイベントをするってことで特別なものを感じちゃいます」と感慨深い表情を見せた。

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られ、その後のロボットアニメに多大な影響を与えた「マジンガーZ」の45年ぶりの新作劇場用映画。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報