メーガン効果は洋服だけではなく顔にも?

過熱を続けるメーガンフィーバー!
  • 過熱を続けるメーガンフィーバー!

先週ヘンリー王子と婚約発表を行った女優のメーガン・マークルが着ていたコートに注文が殺到し、早くも“メーガン効果”を発揮しているが、その効果は“鼻”にも及んでいるようだ。

今回の婚約を受け、トロントを拠点とするブランド“ライン”の白いコートが、オンラインで売り切れになったほか、一部地域では同ブランドのウェブサイトがクラッシュするほどのフィーバーぶりだった。

この現象はキャサリン妃効果などと同じで容易に想像がつくが、ニューヨークを拠点にしている美容整形外科医のステファン・T・グリーンバーグがアルーラ誌に語った話のよれば、「ここ6か月間もしかりですが、婚約発表からの数日間で、メーガンの鼻を希望する女性からの問い合わせが殺到しています。これまでダントツだった、キム・カーダシアンやカイリー・ジェンナーを超える勢いです」

「メーガンの鼻は素晴らしいが、完璧ではない美しさなんです。鼻筋が通っていて、鼻尖が太く少し丸く、正面からではわかりませんが、少し背鼻が出ています。とても魅力があり、私のところに来る患者には、メーガンの鼻が1番人気です。鼻だけではなく頬骨やアゴのラインも、1番ではないにしても、トップに入る人気ぶり」だという。

キャサリン妃も、ウィリアム王子と結婚した2011年には、美容整形外科業界で“キャサリン妃効果”を発揮。2013年には、なりたい鼻の持ち主ナンバー1になったほか、キャサリン妃の結婚式で妹のピッパの白いドレスの後姿のヒップの美しさが話題になった際には、美容整形外科医に、ピッパのヒップの様にして欲しいというリクエストが殺到した経緯があることから、整形業界でのロイヤルファミリー人気は不動なものになっているようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報