志尊淳、主演映画で元日本代表からスパルタ特訓!「走れ!T校バスケット部」が映画化決定

スパルタ特訓でバスケの天才役に挑戦!
  • スパルタ特訓でバスケの天才役に挑戦!

シリーズ累計120万部を突破した青春小説「走れ!T校バスケット部」(松崎博著・幻冬舎文庫)が実写映画化され、今ドラマや映画界で注目を集める若手俳優・志尊淳が映画単独初主演を務めることが発表された。

2011年のデビュー後「烈車戦隊トッキュウジャー」に主演し、ブレイク。2017年だけでも「きみはペット」などドラマレギュラー2本、『帝一の國』『探偵はBARにいる3』など映画4本、舞台1本に出演。来年にはトランスジェンダーを題材にしたドラマ「女子的生活」でOLの主人公を演じることでも話題となっている。

そんな志尊は子供の頃から野球・サッカー・水泳・総合格闘技を経験し、スポーツ万能。小学生の時には、剣道を始めてわずか2年で区大会優勝するほどの腕前に。その身体能力の高さを生かし「きみはペット」ではモダンダンス、『帝一の國』では和太鼓、『探偵はBARにいる3』ではアクションシーンをスタントなしで演じ切るなど、役柄に合わせて様々な身体能力を披露してくれる。

そんな志尊が本作のために、未経験だったバスケットに挑戦。バスケットの特待生に選ばれる高校生という役柄に説得力を持たせるため、バスケット元日本代表の半田圭史氏に約3か月間の猛特訓を受け、役作りを行った。

特訓と、それに続く撮影を振り返った志尊は「3か月バスケット漬けの日々でした。今までも高校生役は多かったのですが“高校生らしく部活をやってる!”と思える現場で、思い返しても楽しくてキラキラした空間にいたのだなと感じる、とても濃い日々でした」と語る。

本作の見どころについては「フェイクドキュメンタリーというか、カメラが回っていない所で積み上げてきたコミュニケーションや空気感をのびのびと出せたと思います。スポーツなので自分が思った通りに動けないこともある中で、しっかりとリアリティを持って積み上げていった皆の気持ちが最後のシーンで重なり、大きくなって化学反応できたのではないかと思います」と力説し「僕たちが、無我夢中で走り切った作品を是非観てほしいです!」と結んだ。

本作のプロデューサーで「烈車戦隊トッキュウジャー」でもプロデューサーを務めたテレビ朝日映画事業部長の佐々木基は「いつか志尊くんでキラキラした青春映画を作ろうと思い、ずっと題材を考えていて、それには青春スポーツものだ!と企画しました。撮影での、赤いユニフォームで走り抜けシュート打つ志尊くんの姿は眩しいくらいにキラキラしていて、最高の青春映画になったと確信しております」と太鼓判を押す。

『今日、恋をはじめます』『クローバー』などの古澤健監督のもと、2017年9月からスタートした撮影は11月に終了し、現在は仕上げ作業の真っ最中とのこと。飛躍を続ける志尊が“無我夢中”で挑んだ姿を楽しみに待ちたい!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報