【東京】意外な組み合わせ⁉フルーティな魚介系ラーメン3選

今回紹介するのは少し斬新!なんとラーメンにフルーツを加え、他にない旨みを作り出した魚介系ラーメンの3品だ。

フルーティな酸味が味の決め手「パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン」

酸味と甘みが程よい「パイナップル塩ラーメン」(720円)
  • 酸味と甘みが程よい「パイナップル塩ラーメン」(720円)

煮干しや昆布を1日水出しした魚介系のダシに、パイナップル100%の果汁を合わせた、この店ならではのオリジナリティあふれるラーメンが人気。魚介ダシに程よいフルーティな酸味と甘味が加わったスープは、ストレートの中細麺との相性が素晴らしい。

「パイナップル塩ラーメン」(720円)は塩味のスープは、パイナップルが醸し出すフルーティですっきりとした甘酸っぱさが特徴。あとから煮干しや昆布のダシが口の中でじんわりと広がっていく。

実力派の力強い豚骨魚介スープ「麺屋 中川會」

【写真を見る】柚子・フルーツ酢でのスープ割りに挑戦!「つけめん」(並盛800円)
  • 【写真を見る】柚子・フルーツ酢でのスープ割りに挑戦!「つけめん」(並盛800円)

豚骨魚介の実力店が、昨年2月に江東区住吉から錦糸町に移転。独学でラーメン業界に参戦した店主が作る、濃厚な豚骨魚介のつけ汁は約20時間かけてエキスを抽出。たっぷりの野菜やフルーツの甘味と相まって、プリプリした極太麺に負けないストロング感がある。

「つけめん」(並盛 800円)は、濃厚なつけ汁と極太麺の、存在感たっぷりの組み合わせ。チャーシューや甘めのメンマも名脇役ぶりを発揮している。柚子・フルーツ酢でのスープ割りもできる。

鶏・豚・牛のエキスが凝縮旨味引き立つ塩つけ麺「めん処 渚」

角切りリンゴが入ってフルーティな味わい「塩オリーブSOBA」(770円)
  • 角切りリンゴが入ってフルーティな味わい「塩オリーブSOBA」(770円)

26歳の若き店主が始めた店は、濃厚つけ麺をメインに限定メニューが日替りで登場する。ベースのタレは伊豆大島産の天日塩や愛知県の白醤油、アサリ、羅臼昆布、果実などを合わせた塩ダレで、メニューも塩が中心となっている。

「塩オリーブSOBA」(770円)は、魚介100%のあっさりスープにイタリア産オリーブオイルを合わせた一杯。角切りリンゴが入ってフルーティな味わいが楽しめる。

魚介をベースにしたスープにフルーツの甘みが加わったラーメン3品。斬新なその味わいを口にしてみてはいかが?

■パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン
住所:東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西萩プラザ1F
時間:11:00~23:00、日祝~20:00(各LO)
交通:西荻窪駅南口より徒歩1分

■麺屋 中川會
住所:東京都墨田区江東橋4-30-15 三成ビル1F
時間 :11:30~15:00、18:00~22:00(各LO)※スープがなくなり次第終了
交通:錦糸町駅南口より徒歩4分

■めん処 渚
住所:東京都中野区中野2-14-20
時間:11:30~15:00、18:30~22:00(各LO)※スープがなくなり次第終了
交通:中野駅南口より徒歩3分

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報