伝説のジェダイ登場にファン大興奮!レッドカーペットにマーク・ハミルら登場

レッドカーペット・イベントにはマーク・ハミルやカイロ・レンらが出席した
  • レッドカーペット・イベントにはマーク・ハミルやカイロ・レンらが出席した

12月15日(金)に全国公開される映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のレッド・カーペットイベントが東京・六本木ヒルズアリーナで行われた。

今作は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のその後を描いており、フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーの意志を継ぐカイロ・レン。そして伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか、というストーリー。

ステージには大きな映画タイトルのロゴ、観客にはライトセーバーをモチーフにしたペンライトが配布され、ステージまでの道にはキャストを出迎えるためのレッドカーペットが敷かれた。

ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルがレッドカーペットに登場すると会場のボルテージは最高潮に。丁寧にファンサービスをするマーク・ハミルに続いて監督のライアン・ジョンソン、プロデューサーのキャスリーン・ケネディらが観客からの大きな拍手で迎えられた。最後にカイロ・レン役のアダム・ドライバーが到着すると黄色い声が上がった。

マークは「こんばんは!」「ありがとうございます!」と日本語を交えてあいさつ。高校生の頃に2年間住んでいた日本は第2の故郷だというマークは「日本のファンはどこの国よりも熱い」と話し、ファンを喜ばせた。

また「日本でやりたいことは?」という質問に、アダムは「カラオケ!」と即答。「日本の曲を歌いたい?」と問われると「日本の曲は分からないから何か歌って」と司会者にむちゃぶりするおちゃめな一面も。

その後今作のイメージ映像が流れ、それまで青く光っていたペンライトが今作のテーマカラーでもある赤に変化。会場全体が先ほどまでの華やかさとは違う、異様な雰囲気に包まれた。

最後にライアン監督は「希望は常にある、つぶされかかったとしても希望はある。私たちは小さいときから大好きだったルークのように、希望というものを決して手放してはいけない」と作品についてコメント。

そして真っ赤に染まる客席を見て、「皆さんダークサイドに落ち過ぎじゃないですか?」とペンライトに対してリアクションすると、マークもすかさず「色はいつ変えたんだ!?」と興味津々の様子だった。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
12月15日(金)全国公開
配給=ウォルト・ディズニー・ジャパン

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報