RADWIMPS、『君の名は。』以来の映画主題歌が全世界で『空海』を彩る!

中国の巨匠と日本を代表するミュージシャンが、奇跡のコラボレーション!
  • 中国の巨匠と日本を代表するミュージシャンが、奇跡のコラボレーション!

12月22日(金)より中国全土約50000スクリーンにて公開、日本では来年2月24日(土)に公開となる日中共同製作映画『空海-KU-KAI-』。史上空前のスケールを誇り、まさに世界が注目する本作の主題歌が、RADWIMPSが本作のために書き下ろした「Mountain Top」に決定した。彼らにとっては興行収入250億円を突破した『君の名は。』以来となる映画主題歌であり、日本はもちろん中国および全世界公開版での主題歌となる。

本作の監督を務めたのは『さらば、わが愛 覇王別姫』『北京ヴァイオリン』などの名作で知られ、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデングローブ賞外国語映画賞など多数の受賞歴を誇る世界的巨匠、チェン・カイコー。原作は「陰陽師」などで知られるベストセラー作家、夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」。

主人公の若き天才僧侶・空海を演じるのは、本作が海外作品初主演となる染谷将太。空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天には、中国内で絶大な人気を誇る若手実力派ホアン・シュアン。そして本作の最重要人物、傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃には、類まれなる美貌と実力を持ち合わせた新進気鋭の国際派女優、チャン・ロンロンが扮する。

さらに、空海と白楽天が追う怪事件の鍵を握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂には阿部寛が扮し存在感を発揮。その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで日中オールスター俳優がチェン・カイコー監督の下に集結。

約6年の歳月をかけて東京ドーム8個分にも及ぶ土地に再現された、唐の時代にタイムスリップしたかのような大迫力の“長安の都”のセットの中で、常時350名を超えるスタッフで5カ月以上にわたって行われたという、映画史上でも他に類を見ない圧倒的スケールの撮影によって、絢爛豪華な世界観を作り上げた。

そして更に、アジア全域において記録的ヒットを記録した『君の名は。』で世界にその名を知らしめたRADWIMPSが本作の主題歌を担当。同作で日本アカデミー賞最優秀音楽賞をはじめ数々の賞を受賞した彼らと、世界を股にかけて活躍するチェン・カイコー監督のコラボレーションが実現するに至ったきっかけを、本作のプロデューサーの一人である椿宜和はこう振り返る。

「クランクアップ間近の昨年末、製作総指揮の角川歴彦が撮影現場を訪問しました。折しも中国では『君の名は。』が大ヒット中で、監督との会話の中でその話題になり、角川がその場でRADWIMPSが手がけた『君の名は。』の楽曲を聴かせたことがきっかけとなりました。角川が「興味があれば、彼らに主題曲の依頼をしてみたらどうか」と提案した数日後、監督から「彼らと組んでみたい」という連絡がきたのです」。

その後、監督とRADWIMPSのミーティングが東京で実現。RADWIMPSのボーカルである野田は、監督の印象と楽曲制作について「監督のビジョン、エネルギーやパッションがその語り口から溢れでてくるのが印象的でした。監督がこの作品で描きたかった熱量に負けないよう、僕たちも楽曲を作らせて頂きました」と語る。

野田は本作のテーマについて熱く語る。「圧倒的なセットやキャスト、映像技術が駆使されていますが、ストーリーの根幹は何百、何千年と変わることのない人間の本質的な美しさ、醜さ、理性と本能の間で絶えず揺れ続ける様でした。歴史大作ではありますが“今”の僕たちの物語だと思いました」。

また、観客に向けては「僕が今まで見たことのない映画がここにありました。是非、お楽しみください」とメッセージを送った。

チェン・カイコー監督は「運命的で、台風のような作品になっている」と本作の仕上がりを語る。「そのように喩えるなら、野田洋次郎の歌はまるで、暴風雨の後の虹のように響く。虹は、強い風や雷鳴の激しさに揺らぐことなく、焦がされた世界を静かな美しさで彩るのだ」と、主題歌を委ねた野田の才能に惜しみない賛辞を贈った。

1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐へ渡った空海のように、日本を代表するミュージシャンの才能が海を渡り、中国を代表する巨匠と出会った本作。そのコラボレーションから生まれた心震わせる作品の公開を、世界が心待ちにしている。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報