静岡市VS浜松市 インパクト抜群のどデカグルメ!見てみたいのはどっち!?

いまだに盛り上がっている大食いブーム。 静岡県の静岡市と浜松市にもその名を轟かすインパクト抜群なビッグメニューがある。今回はそんな両市で味わえる編集部が厳選してご紹介!

【静岡市】全長60cmのビッグ鯛焼き!

静岡市のビッグメニュー「丸子峠大鯛焼き屋」の鯛焼き(3000円)※後ろにあるのは普通サイズの鯛焼き
  • 静岡市のビッグメニュー「丸子峠大鯛焼き屋」の鯛焼き(3000円)※後ろにあるのは普通サイズの鯛焼き

東海道五十三次の宿場町、丸子宿の北側に位置し、深い緑の渓谷にたたずむ「丸子峠大鯛焼き屋」(静岡市)。この店の名物は、特注の金型で丁寧に焼き上げた、全長60cm、重さ3.5kgの巨大鯛焼き(3000円)だ。生地は薄皮で、北海道産小豆と氷砂糖、黒砂糖などで作った甘さ控えめの自家製のあんが頭からヒレまでたっぷり詰まっている。表面はサクサク、中はふんわりした食感。イベントや贈答品などに利用されるほか、結婚式で入刀するケーキ代わりに購入したという人もいるそうで、年間で700個以上売れるほどの大人気商品だ。

【浜松市】浜松餃子100個盛り!

【写真を見る】浜松市のビッグメニュー「遠州男唄 濱松 たんと本店」のたんと餃子(6048円)
  • 【写真を見る】浜松市のビッグメニュー「遠州男唄 濱松 たんと本店」のたんと餃子(6048円)

遠州浜松の“旨いもん”がそろう「遠州男唄 濱松 たんと本店」(浜松市)は、地元民から愛される活気のある居酒屋。遠州産の豚肉とキャベツを使用した名物、「たんと餃子」(6048円)は、厚さ2cmの鉄板で皮がパリッと焼かれ、あんには野菜がたっぷり。浜松市の三方原にある農場から仕入れたキャベツなど、こだわり野菜のシャキシャキ感を残すために、毎日店で出す分だけしか包まないのだそう。巨大な丸げたに盛られてくる100個盛りは団体客からのオーダーが多く、1人当たり20個はペロリと平らげていくという。

話題になるのも納得の静岡市・浜松市のビッグメニュー。この圧巻のサイズを前に、それでも挑戦してみたいのはどちらだ!?【東海ウォーカー】

■「丸子峠大鯛焼き屋」住所:静岡県静岡市駿河区丸子5787-1/電話:054-257-7589/時間:10:00~17:00/休み:水曜/交通アクセス:東名高速道路・静岡ICより車で20分

■「遠州男唄 濱松 たんと本店」住所:静岡県浜松市中区田町330-1 マビーセブン1F/電話:053-450-6622/時間:15:00~翌1:00/休み:年始/交通アクセス:JR東海道線浜松駅より徒歩7分

■静岡市と浜松市がガチで対決中!?
素敵なプレゼントが当たる投票キャンペーンを下記で実施中です。静岡市と浜松市対決に読者のみなさんも参加してください!
投票&プレゼント応募はこちらから>>




■雑誌もチェック!「静岡市VS浜松市ウォーカー」
静岡県2大都市の静岡市と浜松市、そのイイトコロを徹底的に自慢しあう一冊!
発売日:2017年12月18日(月)
価格:972円

キーワード

[PR] おすすめ情報