「コウノドリ」星野源「みんなが思っている坂口健太郎は幻(笑)」

「コウノドリ」(TBS系)の第10話が12月15日(金)に放送。物語はいよいよ佳境へと突入する。今回のリレー連載には、患者に現実を突きつけ、小松(吉田羊)や下屋(松岡茉優)にも愛のムチを繰り出す四宮春樹を演じる星野源が登場。第8話、9話では、父親の病気のため実家の能登に戻ることも多かった四宮だが、第10話では転機が訪れる。撮影の合間にインタビューに答えてくれた星野に、あらためて四宮について、またこれまで登場してくれた松岡茉優や坂口健太郎が話していたエピソードについても話を聞いた。

四宮を演じる星野源
  • 四宮を演じる星野源

シーズン2の四宮は人間的にすごく成長してた

――シーズン1と2で四宮先生に対する印象に変化はありましたか?

シーズン2の台本を読ませてもらったとき、まず思ったのが、四宮が人間的にすごく成長してるなっていうことでした。(シーズン1とは)別人みたいというか。シーズン1のときは、産科医としての真面目さはもちろんあるんですけど、同じ産科のチームに対しても強い言葉を言って、あまり心に立ち入られないように自分を守っている印象が強かったんです。シーズン1のつぼみちゃんのことが一つの終わりを迎えて、そこから2年経った四宮はどうなっているのかな?と思ったら、自分を守る男ではなくて産科全体を守るような、すごく外側に目が向いた男になっているなぁというのが印象的でした。

――星野さん自身も、前シーズンよりも今シーズンの方が感情移入しやすい感覚でしたか?

産科医の方々に直接お話をうかがったりもよくするんですけど、やっぱり生と死に向き合った世界でお仕事をされているなぁってすごく思うんですね。なので、そう簡単に共感というところまではいけないんですが、以前に比べたら演じやすい感じはするっていうのはあります。四宮自身の感情を人に伝えるようになってますし。前は「ふん」とか言ってずっと横を向いてたりしてましたからね(笑)。それはそれで面白いんですけど、今回はそういうものにプラスして、優しさとか厳しさみたいなものが人間らしい形で見えてくる台詞が多いなって。前はそれこそ“ロボット”みたいで、そもそも優しい人だったという設定を考えると、四宮自身も演技しているような感じだったと思うんですよ。でも、今回は素直に思ったことを伝えようとしている気がします。あと、今回の「コウノドリ」って、“チームもの”だなってすごく思うんです。産科医だけじゃなくて、助産師もいるし、看護師もいるし、救命救急医もいるし、新生児科医もいて、それぞれが支え合ったり、連携していく――。そういうところが見どころだと思うんですけど、前はその中に四宮は入っていなかったのが、今回は入ってるっていう。それは多分、四宮の成長を受けて、みんなが自然とチームに迎え入れたんだろうなって雰囲気があって、四宮はきっと楽しいだろうなって、演じながら感じています(笑)。あんまり顔に出さないけど、うれしいんだろうなって(笑)。

ジャムパンを多用し過ぎな部分に関しては、制作陣の悪ふざけだと思っています(笑)(2/4)
ほしの・げん=81年1月28日生まれ、埼玉県出身。俳優、音楽家、文筆家。18年1月10日(水)にライブ映像作品「Live Tour“Continues”」が発売
「コウノドリ」
毎週金曜夜10:00-10:54
TBS系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード