スクールカウンセラー日向が、母親・生徒に交わした「明日の約束」とは⁉

12月19日(火)に最終話を迎える井上真央主演ドラマ「明日の約束」(夜9:00-9:54、フジ系)
  • 12月19日(火)に最終話を迎える井上真央主演ドラマ「明日の約束」(夜9:00-9:54、フジ系)

ドラマは大抵、「現実にはありえないけどね!」と思いながら楽しむことが多いが、「明日の約束」(フジ系)は現実そのものだ。

同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上真央)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。「親子関係」も作品のテーマに、過干渉な親とその子どもの苦悩を丁寧に描いてきた。

12月19日(火)放送の最終話では、日向が圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)のもとを訪れる。亡くなった圭吾の部屋で「私はどこで間違えたのか、私のどこがいけなかったんでしょうか?」と日向に問いかける真紀子には、強気な姿勢を貫いてきた”毒親”の面影はなく、ひとりの母親としての苦悩を日向に見せる。

そんな真紀子の姿を前に日向は、自ら母・尚子(手塚理美)とのいびつな親子関係について告白。「正しい親のあり方」について問う真紀子に対し、ある言葉を投げかける。

これまで、「”毒親”怖い!」「こんな人いるの⁉」と思って見ていた真紀子が、一人の母親として身近な存在に感じられるのではないだろうか。

また、本庄(工藤阿須加)と再会した日向は、「親の愛情というよりは僕自身の問題だから」と本庄が自分と向き合い導き出した答えを聞く。そこで、本庄に背中を押された日向は、子どもの時から抱いてきた思いを涙ながらに尚子に打ち明ける。

このドラマを見てきた人の中には、「どうして日向は早く尚子から逃げないんだろう?」と思ってきた人もいると思う。しかし、このシーンで訴える日向のメッセージこそが、その答えなのだと分かる。

そして、生徒たちの思い、霧島(及川光博)の目指した教育論を知った日向が、終業式の日、改めて圭吾の死について語り始める。全校生徒たちの前で話す日向の言葉一つ一つには、”生徒の自殺”という第1話の衝撃的な展開から日向を通してこのドラマが伝えたかった思いが詰まっていた。

”生徒の自殺”や”親子関係”といった”普通”ではない問題を1話からじっくりと描いてきた本作だからこそ、最終話の日向の言葉に多くの視聴者がひきつけられるだろう。

「明日の約束」最終話
12月19日(火)夜9:00-9:54
フジ系にて放送
【公式HP】https://www.ktv.jp/yakusoku/index.html
【公式Twitter】@yakusokuktv
【脚本】古家和尚
【音楽】眞鍋昭大
【プロデューサー】河西秀幸(カンテレ)
【演出】土方政人(共同テレビ)、小林義則(共同テレビ)


◆「明日の約束」特集ページはこちら!↓↓◆



◆WEBサイトザテレビジョンで「第95回ドラマアカデミー賞」投票受付中↓↓◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報