再会を約束! ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~初日公演をリポート

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~が、12月8日東京公演よりスタート。日本武道館での2日間に加え、大阪、埼玉と回り20日(水)日本での公演は終了。残すは12月23日(土)~24日(日)の中国・広州公演のみとなる。今回はその日本武道館での初日公演についてリポートする。

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~初日公演をレポート!
  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~初日公演をレポート!

本公演は、名だたる刀剣が戦士の姿になった刀剣男士を育成するPCブラウザ・スマホアプリゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』(DMM GAMES/Nitroplus)が原案となったミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ・4作品に出演する刀剣男士16振りが集結した大型ライブ。

刀剣男士としての出演者は、三日月宗近役・黒羽麻璃央、小狐丸役・北園涼、石切丸役・崎山つばさ、岩融役・佐伯大地、今剣役・大平峻也、加州清光役・佐藤流司、和泉守兼定役・有澤樟太郎、蜂須賀虎徹役・高橋健介、長曽祢虎徹役・伊万里有、にっかり青江役・荒木宏文、千子村正役・太田基裕、蜻蛉切役・spi、物吉貞宗役・横田龍儀、大倶利伽羅役・財木琢磨、髭切役・三浦宏規、膝丸役・高野洸の16振り。前半はミュージカルふうに、後半はライブという構成で、ファン約8000人を歓喜させた。

火を使った演出は大迫力!
  • 火を使った演出は大迫力!

本公演の前半戦であるミュージカルのテーマは百物語。竹千代役・阿由葉朱凌、小島幸士がかわいらしく注意事項のアナウンスをしたあと、刀剣男士たちがロウソクを片手にミステリアスな新曲で登壇。日本武道館独特の空気も手伝って静粛な雰囲気が漂うなか、場面は刀剣男士の日常へ。「あまりに寒いから温まることをしよう」という話題となり、にっかり青江の提案から百物語が始まっていった。周知ではあるが、百物語とは怪談を1人ずつ語っていき終わるとロウソクを吹き消していく。100話語り終え、最後の1本のロウソクを吹き消すと本物の怪が現れるとされる伝統的な怪談だ。

小狐丸役・北園涼の力強い舞にうっとり
  • 小狐丸役・北園涼の力強い舞にうっとり

最初に口を開いたのは石切丸。「それでは、まずは私から、不思議な話を…」と小狐丸の逸話を聞かせる。その直後、能のような力強さを持った「あどうつ聲」を小狐丸が歌いながら舞う。前半のパートでは、語りだけではなく、所作、歌、ダンスなどで、それぞれが強烈な個性を放ちながら物語を刻んでいった。ストーリーとシンクロした映像も印象的で、照明も含め、演出面に力を入れていることも伝わってくる。

髭切役の三浦宏規、膝丸役の高野洸のキレッキレな踊りは圧巻!
  • 髭切役の三浦宏規、膝丸役の高野洸のキレッキレな踊りは圧巻!

髭切・膝丸の語りが終わったころに「ここから先は趣向を変えてみるか」と穏やかなトーンで三日月宗近。その直後、声色を変えて「真剣乱舞祭2017、共に舞い、歌おうか!」ーーと語尾に力を込め、「Can yon guess what?」でライブパートへといざ出陣。ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズのなかから、選りすぐりのセットリストで激しく攻めていく。序盤から尋常じゃない一体感で、客席のペンライトの光が乱れ飛ぶ。その光景も美しい。

ライブパートへ出陣!(2/3)
■ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~
原案=「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
総合演出=茅野イサム 脚本=御笠ノ忠次
振付・ステージング=本山新之助
振付=TETSUHARU
公式サイト
https://musical-toukenranbu.jp/
(c)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報