【たかつきDAYS】過去のカタチ、未来のカタチ。PR

 平成30(2018)年、市制施行75周年を迎える大阪府高槻市。このまちはどのように発展してきて、また今後どんな風にカタチを変えていくのだろうか。改めて高槻市の、過去と未来を対比してみた。

2012年にまちびらきをした「MUSEたかつき」と、JR高槻駅をつなぐ歩道橋。高槻市の発展を感じられる場所だ
  • 2012年にまちびらきをした「MUSEたかつき」と、JR高槻駅をつなぐ歩道橋。高槻市の発展を感じられる場所だ

昭和18年に高槻市誕生!40年代に人口30万人突破。

高槻町から高槻市が誕生したのは昭和18(1943)年1月1日。人口約3万1600人、大阪府内9番目の市として歩みを始めた。その後も周辺の村を編入しながら、工場誘致を進め発展の基礎を築いた。昭和29(1954)年には市営バスの運行がスタート。その3年後には国鉄高槻駅に快速電車も停車し、交通の利便性が向上。住宅や社宅の建設ラッシュも始まり昭和38(1963)年には人口10万人を突破した。暮らしと産業の場としてまちが発展する一方で、昭和40年代には人口が急増して30万人を突破。公共施設の整備も本格化し、昭和43(1968)年に市立図書館(旧天神山図書館)が開館。昭和50年代以降は都市基盤の整備が進み、昭和54(1979)年には国鉄高槻駅が橋上駅舎化した。

21世紀に中核市へ移行し、さらに成長を続ける街に。

平成3(1991)年に阪急高槻市駅の上下線が高架化し、平成5(1993)年に市制施行50周年を迎えた高槻市。平成8(1996)年には総合市民交流センターが完成し、また平成11(1999)年には「高槻ジャズストリート」が初開催される。そして平成15(2003)年に大阪府内で2番目となる中核市へと移行。まちの整備と発展は加速し、平成16(2004)年にはJR高槻駅北地区の再開発が完了して駅前ににぎわいが増すと、平成24(2012)年にはMUSEたかつきがまちびらき。近年では“住みたい街”ランキングで常に上位に位置する都市へ成長している。

暮らしを豊かに彩る新施設を活用しよう。

長い時間をかけて発展を遂げてきた高槻市。2010年代から2020年代のトピックを見ていくと、さらに成長していくことが理解できる。

~2012年~街の進化のさきがけ!大型駅前再開発

ユアサ高槻工場の閉鎖に伴い、JR高槻駅北東地区の再開発から生まれたのが商業施設や大学、住宅、福祉施設が立地する「MUSEたかつき」だ。まちの誕生は2010年代の高槻市の発展を象徴するような出来事で、“まちびらき”も盛大に行われた。

【写真を見る】建設中の様子。地区の姿が一新した
  • 【写真を見る】建設中の様子。地区の姿が一新した

~2015年~ 6年の歳月をかけてバリアフリー化

高齢者や障がい者に優しいまちを実現するため、JR高槻駅南側人工デッキのバリアフリー化に着手。6年の歳月をかけてエレベーター、エスカレーターが設置され、屋根を設置するなど改修も行われた。

工事着手より6年かけてJR高槻駅南側の人工デッキのバリアフリー化が完了
  • 工事着手より6年かけてJR高槻駅南側の人工デッキのバリアフリー化が完了

~2016年~ 新ホーム&改札口が誕生より安全・快適に!

3月にはJR高槻駅に新しいホームが完成。乗降客の混雑が緩和された。また、金沢へ直結する特急「サンダーバード」、関西国際空港へ直結する特急「はるか」も停車することに。昇降式ホーム柵で、駅の安全性も大きく向上した。

昇降式ホーム柵は、ロープによって線路への転落を防ぎ、電車が到着するとロープが上昇する
  • 昇降式ホーム柵は、ロープによって線路への転落を防ぎ、電車が到着するとロープが上昇する

~2017年~ JCT・ICが誕生し新たな交通の要所に!

12月、新名神高速道路に高槻ジャンクション・インターチェンジが誕生。車でのアクセスがますます便利になり、新たな交通の要所として盛り上がること間違いなし!2018年3月末には神戸ジャンクションまで延伸予定。

名神高速と新名神高速がクロスし、高槻の交通事情が大きく変わろうとしている
  • 名神高速と新名神高速がクロスし、高槻の交通事情が大きく変わろうとしている

~2019年~ 歴史と自然環境が織りなす、市民とともに育て続ける公園

史跡安満遺跡を生かし、京大農場跡地に誕生する「安満遺跡公園」は2019年に1次開園。「市民とともに育て続ける公園」が理念。園内に誕生する子どもの遊び施設は関西最大級の規模となる予定。

安満遺跡公園のイメージ。阪急高槻市駅からも近い身近な都市公園であり、高槻市民の憩いの場としての活用に期待がかかる
  • 安満遺跡公園のイメージ。阪急高槻市駅からも近い身近な都市公園であり、高槻市民の憩いの場としての活用に期待がかかる

~2019年~ 安満遺跡公園に隣接。子育て支援の新拠点

2019年に1次開園予定の安満遺跡公園に隣接する「高槻子ども未来館」は、子育て支援の拠点施設。教育・保育、保健、人材育成など多様な子育ての支援機能を充実させて、このまちで暮らす子どもと子育て家庭を支える。

支援関係の人材育成機能。

安満遺跡公園に隣接する、子育て支援拠点施設「高槻子ども未来館」
  • 安満遺跡公園に隣接する、子育て支援拠点施設「高槻子ども未来館」

~2022年~ 市民の文化拠点が大幅リニューアル!

市民会館の老朽化に伴い建て替えが進められている新文化施設は2022年度中にオープン予定。1,500席規模の大ホールと、200席規模の小ホールに加え、大・中・小のスタジオやカフェ、駐車場などが整備される予定。

2022年度中にオープン予定の「新文化施設」
  • 2022年度中にオープン予定の「新文化施設」

【関西ウォーカー編集部/PR】

■たかつきウェルカムサイト
HP:http://www.city.takatsuki.osaka.jp/welcome/

キーワード

[PR] おすすめ情報