「リベンジしたい!」高柳明音がSKE48の10周年イヤーを語る!(1/4)

SKE48の4週連続企画。初回は高柳明音が登場!
  • SKE48の4週連続企画。初回は高柳明音が登場!

2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日(水)には22枚目のシングル「無意識の色」をリリースする。

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

初回はSKE48の2期生・高柳明音。「無意識の色」という楽曲の意味や、ナゴヤドームコンサートへの“リベンジ”の思いなどを語ってもらった。

「無意識の色」は10周年の1発目にふさわしい曲

――初めに、「無意識の色」がどんな楽曲か教えていただけますか?

SKE48が10周年イヤーに入るということで、“10周年に向けての1発目の曲”にふさわしい曲になっています。 “自分の目標をつかみにいく”という意味の振りもあって、「まだまだ、ここからスタートだ」というような曲だと思います。

歌詞は、自分たちが意識していない関係性を、改めて見詰めてみるというような内容です。“無意識の色”と言うと、“無色”を想像しがちですけど、恋人関係や友人関係、ファンと私たちの関係など、いろんな関係性を色に例えながら、「お互いの色ってどういう色なんだろうね」って歌っている曲になっています。

私は、SKE48の歴史のポイントとなるところにはシングル曲があると思っています。「この曲のときはすごく盛り上がっていたな」とか、「このときはあまりうまくいっていなかったな」とか。今回の歌詞の中に“不安なオレンジ”という、SKE48のイメージカラーのオレンジが使われているところがあるんですけど、「SKE48が不安定だった時期も今につながっているんだよ」っていう意味なのかなって思います。

2作連続のセンター・小畑優奈について語る(2/4)
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報