桐谷美玲、斉藤由貴から“根性”褒められ「がんばってよかった!」と感激

桐谷美玲らキャスト陣と監督が映画公開初日の舞台挨拶に登壇した
  • 桐谷美玲らキャスト陣と監督が映画公開初日の舞台挨拶に登壇した

映画『リベンジgirl』の初日舞台挨拶が12月23日に丸の内ピカデリーで開催され、桐谷美玲、鈴木伸之、馬場ふみか、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、三木康一郎監督が登壇。斉藤から“根性”を絶賛された桐谷が「がんばってよかった!」と笑顔を弾けさせた。

桐谷が2年ぶりに主演を務めた本作は、元カレを見返そうと総理大臣を目指す型破りなヒロインの奮闘を描くラブストーリー。一部週刊誌で俳優の三浦翔平との交際を報じられてから初の公の場となった桐谷だが、熱愛について語ることはなかった。

桐谷は「クリスマスが近いので赤で。初日でもあるので、華やかにしようと思った」とクリスマスを意識して真っ赤なロングドレス姿で登場。会場から「かわいい!」との歓声を浴びていた。

ラブストーリーを一緒に紡いだ鈴木については、「よく戦っていたりするので、強そうだなと思っていた」と当初のイメージを告白した桐谷。「でもすごく寒がりだったり、虫が苦手だったり、高いところが苦手だったり。強いというよりかわいらしい人だなという印象に変わりました」とガラッと印象が変わったそう。

一方の鈴木は、桐谷について「姿勢もすごくいいし、凛としていて真面目」とテレビで見ていたイメージそのままだったという。「でも思っていた桐谷美玲像よりずっと気さく。初日からフランクに話しかけてくださった。パーフェクトだと思います」と続けると、桐谷は「なんて言っていいかわからない」と照れまくりだった。

また桐谷演じる宝石美輝を支える政治秘書を演じた斉藤は、桐谷の“根性”に驚いたことを告白した。斉藤は「女優という、演じる立場から見ると、この台本を読んだ時になんて難しい台本だと思った。破天荒なキャラクターなので、それを自分のキャラクターとしてものにすることには様々な葛藤があったんじゃないかと思った」と桐谷の演じた役柄は女優から見ても“難役”と分析。

さらに「桐谷さんが頭のいい方だとは存じ上げておりましたし、キャラクターをちゃんと作っていこうとチャレンジしている姿が素晴らしいなと思った。華奢で美しくてというところがフューチャーされがちですが、根底にある根性みたいなものが役柄と相通ずるものがあるなと思った」と桐谷の女優力を大絶賛。桐谷は「ありがとうございます!かなりの挑戦でした。がんばってよかった!」と感激しきりだった。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード