映画

『アバター』を超えた!『アリス・イン・ワンダーランド』3D映画の全米オープニング興行記録を樹立

MovieWalker 2010年3月9日 9時48分 配信

日本でも劇場予告編がすごいと評判 [c]Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
拡大写真

日本でも劇場予告編がすごいと評判 [c]Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

  • 従来のイメージを覆す、強くて美しいアリスが登場
  • 19歳に成長したアリス

ジョニー・デップとティム・バートン監督が7回目のタッグを組んだライブ・アクション映画『アリス・イン・ワンダーランド』が5日から全米3728館7400スクリーンで公開され、週末3日間の興行成績が1億1610万ドルを突破! 予想を遥かに上回る驚異的なスターを切った、とLA タイムズ紙など複数のメディアが伝えている。

この数字は、歴代の3月公開作、2010年公開作でナンバー1の記録を更新したのはもちろんのこと、3D映画の全米歴代オープニング興行記録を樹立。昨年12月に公開され、全世界、全米歴代興行成績ナンバー1の座に君臨した『アバター』(09)のオープニング記録7702万ドルを、いとも簡単に突破してしまった。

同作が家族で楽しめる作品であることや、3Dのチケット代が通常より高いことを見込んだ上で設定していた予想値は6500万ドルから7500万ドルだったが、実際には予想より多い、約70%の人々が3Dで同作を鑑賞。家族連れは39%でカップルは36%、女性が55%、25歳以下が54%を締めたという結果も出ており、ジョニデ&バートン監督コンビの人気は、想像以上だったよう。それぞれがもつ、オープニング記録も塗り替えた。

これについてディズニー・スタジオの責任者は、「多くの人々が、『アバター』で3D映画のよさを体験し、次を待っていたのだろう。3月という時期(他に大作の公開がない)のも最高のタイミングだった」と語っており、最強コンビと戦略が、大きな成果を生み出す要因になったようだ。

DVDやブルーレイの売り上げを見込んだディスニーの方針で劇場公開週が短縮されたため、歴代興行成績にどのような影響を及ぼすのかは不明だが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで記録をもつジョニデが、新たな金字塔ををうち建てたてることができるのか、大いに期待したい。【NY在住/JUNKO】

  • 日本でも劇場予告編がすごいと評判 [c]Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 従来のイメージを覆す、強くて美しいアリスが登場
  • 19歳に成長したアリス

関連記事


おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!