「ベイサイドプレイス博多」に天然日帰り温泉がオープン!

露天風呂「ぬく湯」。写真は男湯
  • 露天風呂「ぬく湯」。写真は男湯

11/28(金)に博多湾沿いにある「ベイサイドプレイス博多」(福岡市・博多区)に天然日帰り温泉「波葉の湯」がオープンする。天神から車で10分圏内の好アクセスで、地下800mから湧き出る源泉かけ流しの天然温泉や、バラエティ豊かな薬石サウナなどが楽しめる。風呂は露天風呂(ぬく湯、信楽湯、あつ湯、ぬる湯)4種と内湯(つるぬる湯)、水風呂の全6種類。「ぬる湯」と滋賀県の伝統陶磁器・信楽焼(しがらきやき)を使用した壺湯「信楽湯」には、源泉かけ流しの湯を使用。「ぬく湯」と「あつ湯」は天然温泉水を利用した湯を、「つるぬる湯」には美肌効果の期待できる軟水をそれぞれ使用している。

また、露天風呂やテレビ、エアコンを完備した離れも全5室用意し、1室3000円(60分)で、最大4名まで利用可能だ。3日前より予約もできる。

2階の癒しの空間「薬石健美香房(やくせきけんびこうぼう)」には、専用のサウナ着着用の薬石サウナ7種が登場。ヒマラヤ岩塩を床に敷いた「岩塩房」(室温50〜55℃)やゲルマ砂利の「ゲルマニウム房」(室温50〜55℃)、黄土を使用した「薬熱房」(室温80℃)など設定温度や室内の造りがすべて異なるので、自分のペースや体調に合わせてじっくり汗を流そう。サウナ着を着用しての利用なので、家族やカップルなど男女一緒に楽しめるのポイント。館内には液晶TV付きのリクライニングチェアも設置されているので、思いっきり汗を流したあとも、のんびりとくつろげる。

同じく2階にある「ほぐし処 利楽房」ではボディケアやエステメニューが充実。クイックケア1400円(15分)やあかすり2300円(20分)、タイ式リラクゼーション3200円(30分)などお手ごろ価格で上質の施術が受けられる。また、「食事処 四季旬鮮 湊門(そうもん)」では、ヘルシーな和食を中心に、麺類や串焼きなど新鮮食材を使った料理が130品以上を提供。座席はテーブル席のほか、座敷スペースも40席ほど用意するので、おなかが空いた時に利用したい。

秋に入って、続々とスーパー銭湯&温泉館のオープンが続く天神界隈。また、ひとつホットなスポットが誕生するぞ。

【九州ウォーカー/中澤ともこ】

【営業時間】9:00〜翌1:00
【入浴料】大人¥700、小人(小学生)¥400、幼児(3歳以上)¥300
【薬石健美香房】大人¥700、小人(小学生)¥500
※「薬石健美香房」のみの利用は不可
【家族風呂】1室3000円(60分)

キーワード

[PR] おすすめ情報