大阪・光のルネサンスを中之島線でらくらく巡る方法

「大阪市中央公会堂」はすでにライトアップ実施中
  • 「大阪市中央公会堂」はすでにライトアップ実施中

12/1(月)から大阪・中之島エリアで開催される「OSAKA光のルネサンス2008(大阪光のルネサンス)」。今年は「大阪市立科学館」周辺にも新会場が設置されるということで、淀屋橋周辺エリアと合わせてどう見て回るのかが気になるところ。地図を広げてみると、ちょうど東西を走る電車の路線があることに気が付きました。今年開業の、京阪電車中之島線です! この電車を使えば、らくちんにイルミネーションを巡ることができるのでは?と、さっそく3代目おけいはん(森小路けい子)こと、神農幸(じんのさち)さんと一緒に歩いてみました。

スタートは京阪電車中之島線大江橋駅。「駅を出たところから、大阪市庁舎のツリーが見えそうですね!」と、おけいはんも想像を膨らませて楽しそう。そこから3分も歩けば、もう市庁舎前です。もちろん現時点でツリーはないのですが、高さ13mのツリーを間近で見られるのは間違いありません。少し南に下って、イルミネーションが設置されるみおつくしプロムナード、中之島公園を歩き、「大阪市中央公会堂」に到着。すでにライトアップされている建物を見て、「きれい! ここはあえて少し離れて、建物全体を眺めるのがポイント!」と、おけいはんの目は釘付けです。

ここから、京阪電車中之島線なにわ橋駅へ。安藤忠雄氏設計で、ガラスブロックに内臓されたLEDがきらめく1出入口から改札へ進みます。「乗り心地がバツグンなんですよ」という新型車両に乗って、中之島駅へ! ちなみに中之島駅のコンコース内も、光のルネサンスの期間中はイルミネートされるということで、そちらも楽しみ。

駅を出れは、新会場までもうすぐ。川面に映る夜景を眺めながら、中之島通沿いの遊歩道をてくてく。壮大なイルミネーションが設置される新会場予定地を確認し、ゴールの京阪電車中之島線渡辺橋駅へ。

「このコースだったら効率よく見て回れるし、らくちんだし、カンペキですね♪」と、おけいはんも太鼓判。

できたての京阪電車中之島線を使えば、今年の「光のルネサンス」を快適に楽しめること間違いなし!【関西ウォーカー/薮 伸太郎】

「OSAKA光のルネサンス2008」
期間:12/1(月)〜25(木)17:00〜22:00(12/1(月)は点灯式のため17:30〜)
メインパフォーマンス 12/13(土)〜25(木)
※12/1(月)〜12(金)は、「ザ・ワールドリンキングツリー」「中之島イルミネーションストリート」の点灯のみ
※公共交通機関でお越しください
お問い合わせ:OSAKA光のルネサンス実行委員会事務局 電話:06・6448・1190

キーワード

[PR] おすすめ情報