菅田将暉、ファンタ新CMでニつの能力が宿った“ダブルマサキ“に!(1/2)

菅田将暉さんが「ファンタ宣伝部長」としてさまざまなキャラクターを演じる、フルーツ炭酸飲料「ファンタ」の新TVCMが、1月9日(火)から全国放映される。

菅田将暉さんがニつの能力が宿った“ダブルマサキ“を演じるファンタ新CM
  • 菅田将暉さんがニつの能力が宿った“ダブルマサキ“を演じるファンタ新CM

新CMは「ファンタ ゴールデンアップル &パワー ダブルマサキ」篇(15秒)。1月8日(月)から期間限定で全国発売された「ファンタ ゴールデンアップル &パワー」のダブルの成分にちなみ、菅田さんが1人にニつの能力が宿った“ダブルマサキ“として、そのおいしさを体全体で表現している。左右で異なるカラーの衣装を着ており、右半身は頭が冴える知的な黄色の“ビタミンマサキ”、左半身は情熱的で力強い赤色の“パワフルマサキ”だ。

【写真を見る】右半身は頭が冴える知的な黄色の“ビタミンマサキ”
  • 【写真を見る】右半身は頭が冴える知的な黄色の“ビタミンマサキ”
左半身は情熱的で力強い赤色の“パワフルマサキ
  • 左半身は情熱的で力強い赤色の“パワフルマサキ

CMでは、“ダブルマサキ”が体をWの字に表現した「W(ダブル)ジャンプ」を繰り出し、たくさんのティーンが集まる場所へテレポーテーション。ティーン達は “ダブルマサキ”が急に目の前に現れるというオイシすぎる事態に大騒ぎし、歓声を浴びる“ダブルマサキ”もオイシすぎる展開に満更でもない表情を浮かべる。

Wの字に表現した「W(ダブル)ジャンプ」を繰り出す
  • Wの字に表現した「W(ダブル)ジャンプ」を繰り出す
たくさんのティーンが集まる場所へテレポーテーション。オイシすぎる事態に
  • たくさんのティーンが集まる場所へテレポーテーション。オイシすぎる事態に

都内のスタジオで行われた撮影は、Wのポーズをとる菅田さんのシーンからスタート。菅田さんは、真横から正面にスライドするクレーン上のカメラに合わせ、「ダブルで!」という掛け声とともに手でWのポーズをとる。カメラの早い動きに声と手の動きを合わせる必要があり、タイミングを取るのが難しい撮影だった。しかし菅田さんはモニターで目線や手の位置を確認するとすぐにコツをつかみ、撮影は順調な滑り出し。腕でWの形のポーズを取りながら、大きな声で製品名を叫ぶシーンでは、「しゃべりながら(製品を)持つってのがキツいな」と苦笑いしながらも、監督の要望に応じてさまざまな表情と動きを見せた。

手でWのポーズをとる菅田さん
  • 手でWのポーズをとる菅田さん

次のシーンは本CMの一番の見どころ。トランポリンで飛びながら製品を正面に向け、両腕と両足で躍動感のあるWを表現し、「ダブル」のおいしさを伝える。数ヵ月ぶりとなるトランポリンに、最初は「こわっ!」とおどける菅田さん。体幹から手足まで体の全体の細かい動きを確認するとすぐに感覚を取り戻し、躍動感のある「Wジャンプ」を完成。なんとテイク2のみで最難関カットの撮影を終了した。

トランポリンで「Wジャンプ」!
  • トランポリンで「Wジャンプ」!

最後のナレーション収録では「高い声で」「ファルセット、巻き舌で」など細かいリクエストが飛んだが、そこは歌手やラジオパーソナリティとしても活躍する菅田さん。スタジオが静まりかえる中、「今度の『ファンタ』はダブルでいいこと!」「ダブルで!」「おいしー!」など、監督のリクエスト通りに声も演じ分け、培ってきた表現の幅の広さがうかがえる撮影となった。

菅田将暉さんインタビュー!2018年のテーマは「見聞」(2/2)
  • 1
  • 2
「ファンタ」公式サイトはこちら

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報