ブルゾンちえみ、上川隆也&山本耕史に挟まれ「縁起がいい」新ユニットを希望!

“ブルゾンちえみwith G”を結成!?
  • “ブルゾンちえみwith G”を結成!?

未曽有の同時多発自然災害=”ジオストーム”の恐怖を描くディザスター大作『ジオストーム』(1月19日公開)のジャパンプレミアが1月9日に丸の内ピカデリーで開催され、日本語吹替版声優の上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが登壇。上川と山本に挟まれたブルゾンが「2018年、縁起がいい感じがしますね。1年間、ずっとやらせていただいていいですか?」とご満悦の表情を浮かべ、会場を笑わせた。

主人公をジェラルド・バトラーが演じるなど、豪華なキャスト陣も話題の本作。上川がジェラルド演じるジェイク、山本がジェイクの弟・マックス、ブルゾンがマックスの恋人でシークレット・サービス・エージェントのサラの声を担当する。

上川は「とてつもないスケールで描かれるSF大作でありながら、家族愛や恋人への想いも描かれる、全部乗せのような映画。これ以上のものは乗らない!という映画です」と熱くアピール。山本も「僕はこういう映画が大好き。興奮が止まらない。すごい映画です」と映画の迫力に興奮しきりだった。

トーク中は端っこにいたブルゾンだが、いつも“ブルゾンちえみ with B”として真ん中にいるからか、舞台挨拶中盤になると「そろそろ挟まれたい」とニッコリ。「大丈夫ですか?」と恐縮しながら上川と山本の間に立ち、「2018年、縁起がいい感じがしますね」とご満悦の表情を見せた。

司会から「“ブルゾンちえみ with G”ですね」とタイトルの『ジオストーム』にかけてユニット名をつけられると、ブルゾンは「2018年は“G”でやらせてもらっていいですか?1年間ずっと」と希望しつつ、「ここから見える景色は格別です!」と上川と山本のイケメンぶりに驚いていた。

2018年は新ユニットを希望したブルゾンだが、「攻めのメイクをしていきたい」とさらなる今年の抱負を語る一幕も。「2017年はかわいげのある格好をしすぎた。今年は顔というパレットでもっと遊べたら」と意欲を語っていた。

そんなブルゾンの声優業について、山本は「びっくりした」と告白。「声の良い方だとは思っていたけれど、ツヤもあるし、エキゾチックだし、セクシー。ものすごくぴったりだった」と大絶賛だった。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報