上田麗奈フォトコラム・歴史ある建物に護られた泉の色

REINA UEDA column [good colors] Photo-52-1
  • REINA UEDA column [good colors] Photo-52-1

お絵かきと散歩が大好きな上田麗奈さんによるフォトコラム「この色、いいな」。上田さんがいろんな場所を訪ね歩き、おもしろい「モノ」や「コト」、そしてお気に入りの「色」を探します。

2018年最初の更新となる連載52回目で訪れたのは、1916年創業の老舗銭湯“帝国湯”。風格ある宮造りの建物や千鳥破風の瓦屋根が眼をひく外観など、建築物としても貴重で見どころの多い、東京を代表するレトロ銭湯です。

▼▼▼▼▼

今まで伺ったどの場所よりも重みと渋みのある色合いでした。

ストレートに「貫禄」という言葉が浮かび上がるような場所です。

みなさまにも、ぜひ訪れてみていただきたい…!

上田麗奈

▼▼▼▼▼

◇撮影を終えて

――去年に続いて新年最初の更新、ということで着物を着ていただきました。

上田:いくつか色や柄の候補をいただいたんですけど、今回着たものを選んだ理由というのが、建物の古風で生々しい和のテイストの中に、ギャップとしてパキッと目立つような色を混ぜたかったというのがあって。馴染むようなシンプルなものと悩みましたが、実際に撮影した場所に行ってみると、思った以上に壁に描かれた錦鯉の色などと合うところもあって、ギャップを狙いつつ、似ている部分、馴染む部分とがすごく良いバランスになったなと最終的に感じましたね。

――浴槽にその鯉が写り込んだようなカットがとても素敵でした。

上田:引きのカットを撮っていただいているときに、なんとなくあの鯉の絵と着物の柄がちょうど似てるなぁと気づいて、ちょっといい感じに共存できないかなと思ったんです。あとは湯船の中の青がすごく綺麗だったので、その青と床の色を活かして一緒に泳いで生きている感じが出せればいいなと。

――絵といえば、ダイナミックな富士山のペンキ絵が何よりも印象的でしたね。

上田:ウサギがいましたね。にんじんロケットに乗ったウサギが(笑)。

――あれは銭湯のご主人が「子どもが喜ぶようなものを描き入れてほしい」と要望して描いてもらったそうです。もう一方の男湯には、男の子向けに水上飛行機が描かれているんですよ。

上田:そうなんですね! 絶妙に富士山とうさぎの絵のタッチが違っていて、見た瞬間に、小さい頃に見たらとても思い出に残るのではないかなと。だからお子さんたちに向けた絵なのかなぁと実は思っていたんですが、そのお話を聞いて納得しました。すごく良いアクセントになっていますよね。

――上田さんは銭湯に行かれたことってあるんですか?

上田:あまり行った記憶がなくて……幼稚園か小学校の低学年くらいの頃にお母さんと一緒に行ったような気がするんですけど。それも銭湯ではなくて、プールの中かホテルの中のある大きなお風呂だったんですよね。だから番台がある銭湯に来たのは初めてで。ご主人が木製の脚立を登って番台に登るのを見て「あぁ、あそこにはああやって入るんだ!」とすごく衝撃でした(笑)。

――建物自体の印象もすごいですよね。箱庭にある柊は樹齢100年以上だそうですが、戦時中に空襲で焼夷弾を受けた痕が残っているとか、ほんものの歴史を感じるというか。

上田:中に入った瞬間に、密度というか空気が全然違っていて、自分のお家とかではまったく感じない独特の雰囲気を感じて。そういう「圧」みたいなものがすごかったですね。

――2018年の最初ならではで、今年の目標とか、こんなことがやりたい、と思っていることはありますか?

上田:辛いものが食べられるようになりたいな~と。まずはサビ抜きじゃないお寿司を食べられるようになって、あとは寒い時期のうちにキムチ鍋を食べたいんです。最近すごく辛いものに興味が出てきて、まだ挑んでもなかなか食べられないんですけど(笑)。コーヒーとか紅茶も、最初は飲めなくて練習して飲めるようになったので、辛いものもちょっとづつずつ攻めていって……。

――今でもこれなら食べられる、というものはあるんですか?

上田:唯一いけそうなのがパスタのペペロンチーノで、辛さ控えめのものであれば美味しく食べられるようになってきたので、この調子でちょっとずつ食べられるものを増やしていきたいですね。

■上田麗奈(うえだ れいな)
1月17日生まれ。富山県出身。81プロデュース所属。2014年のTVアニメ「ハナヤマタ」の関谷なる役で初主演。他に「アイカツスターズ!」(白銀リリィ役)、「ポケットモンスター サン&ムーン」(マオ役)、「メルヘン・メドヘン」(アーサー・ペンドラゴン役)、「グランクレスト戦記」(アイシェラ役)、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(高坂海美役)などに出演。

photo:松本祐亮
hair&make:Sweets (http://hairmakesweets.jimdo.com)
styling:瀬口祐子(TOKYO KIMONO STYLE) http://tokyokimonostyle.com

text:御杉重朗

■撮影協力
「帝国湯」
住所:東京都荒川区東日暮里3-22-3
TEL:03-3891-4637
営業:15:00~24:00
休業日:月曜日

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード