サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

10カ月演じた“王子”と共に成長!板垣瑞生「(精霊の守り人は)心の支えになる経験でした」(1/3)

2016年3月にスタートし、3シーズンにわたって放送されてきた大河ファンタジー「精霊の守り人」シリーズ(NHK総合)。この最終章が、1月27日(土)に最終回を迎える。人間と精霊が存在する世界を舞台に、国々が争う中で息抜き短槍使い・バルサ(綾瀬はるか)の姿を描く同作。その中の一つの国・新ヨゴ国で、父である帝(藤原竜也)に疎まれ、命を落としかけながらも、国を守るために奮闘する皇太子・チャグムを演じているのが板垣瑞生だ。映画「ソロモンの偽証」(2015年)で一躍脚光を浴びた彼は、現在、若手俳優5人組のボーカルダンスユニット・M!LKとしても活動中。芝居に歌に活躍の幅を広げている17歳の板垣の素顔を直撃した。

「精霊の守り人」(NHK総合)で新ヨゴ国の皇太子・チャグムを演じた板垣瑞生
  • 「精霊の守り人」(NHK総合)で新ヨゴ国の皇太子・チャグムを演じた板垣瑞生

乗馬はかなり得意になりました

――「精霊の守り人-最終章-」の撮影を振り返って、一番印象的だったことは何ですか?

最終章の撮影は戦争のシーンから始まり、4日間かけて撮影しました。チャグムが初めて戦場で人を殺すという大事なシーンでもあるので、ウマに乗り続けて、戦い続けたことが、本当にきつかったです。すごく集中していたので、気がついたら擦り傷がたくさんついていて、指が腫れて小道具の指輪が抜けなくなったりすることもありました。

――事前のアクション練習も大変だったんじゃないですか?

そうですね。時間が空けばアクション指導の方のところに通って練習して、ウマに乗りながらの戦いも、全てが未知の世界でした。乗馬はかなり得意になりました。戦闘では、片手で乗らないと剣を振れませんから。

――最終章は綾瀬はるかさんとのシーンが多かったですが、現場では一緒に過ごされていましたか?

撮影の合間に、2人でたまにアクション練習をしていました。綾瀬さんから「練習しよう」と言ってくださって、引っ張っていただいたので、すごく感謝してします。そういえば、撮影が始まってすぐのころ、綾瀬さんからあだ名を付けられましたね(笑)。緊張していた僕をほぐしてくれたのかもしれません。事あるごとにあだ名で呼んでくれて、何だかうれしかったです。

――最終章の第6話で、バルサとチャグムが戦いで別れを表現するシーンがありました。アクションシーンも素晴らしかったです。

綾瀬さんと動きのタイミングが合わないと成立しない場面なので、気合いは入っていましたね。ただ、2人の別れの場面で力んでしまうと、見ている人にとっては苦しく感じてしまうと思ったので、2人が信頼し合っているように見えるよう意識しました。やっぱり、戦いの相手が綾瀬さんということもあり、緊張はしていたのですが、どのシーンでもずっと隣にいらっしゃった方なのと、あのシーンは撮影も終盤だったので、息のそろったアクションができた気がします。見ていただいた方が、いろんな思いを感じてくれていたらうれしいです。

――父役の藤原竜也さんとはいかがでしたか?

チャグムは帝に疎まれている存在なので、撮影の合間も役づくりで話をしないことが多かったです。現場に入ると、藤原さんの存在感がすごいんです。恥ずかしいんですが、藤原さんの前に立った瞬間、セリフが全部飛んでしまったことがありました。父のプレッシャーというものをリアルに感じました。藤原さんがそういう空間をつくられたのだと思うのですが、本当にすごい方だと思いました。

兄弟に間違えられたあの俳優とのエピソード(2/3)
大河ファンタジー「精霊の守り人~最終章~」
1月27日(土)夜9.00-10.00 NHK総合
※1月27日(土)が最終回

◆『NHK大河ファンタジー 精霊の守り人 最終章 完全ドラマガイド』
KADOKAWAより発売中 

キーワード

[PR] おすすめ情報