サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバー、復縁はアンハッピー?

2人の復縁を祝福できない“ある人物”とは?
  • 2人の復縁を祝福できない“ある人物”とは?

セレーナ・ゴメスの母親は、セレーナとジャスティン・ビーバーが復縁したことを嬉しく思っていないようだ。

昨年9月に友人からの腎臓移植に成功したセレーナは、ザ・ウィークエンドと別れてジャスティンと復縁。やはり運命の人はジャスティンだったと言われている。

しかし、セレーナの母親マンディは「彼女はもう25歳。命の尊さも知っている大人の女性だから、私がコントロールしようとしても無理な年齢です。自分のことは自分で決めればいいと思う。とにかくセレーナが健康で幸せであることが第一なんです」とGossip Copに語っている。

ジャスティンとは何年も会っていないことを認めたが「どの家庭にも母親と娘の衝突はあるもの。2014年からセレーナのマネジメントをやめたのも、もめたからではなく家族の時間が無くなってしまうから。ずっと続けるつもりはなかったの」と、娘との確執は否定している。

ジャスティンとセレーナは2015年までの約5年間、オンオフを繰り返しながら交際。その間に何度もジャスティンが他の女性と浮気をしたことでセレーナが深く傷ついている様子を目の当たりにした母親にしてみれば、当然の気持ちだろう。

しかし、かつてはスピード違反や近隣住人とのトラブルも絶えなかったジャスティンも、敬虔なクリスチャンとして生まれ変わったといわれており、最近ではお騒がせなニュースとは無縁のようだ。

キーワード

[PR] おすすめ情報