NGT48卒業の北原里英、過酷なシーンで「初めて泣きました」

AKBグループ卒業の北原里英が過酷な撮影を告白
  • AKBグループ卒業の北原里英が過酷な撮影を告白

AKB48、NGT48卒業を発表した北原里英主演、白石和彌監督作『サニー/32』(2月17日公開)の完成披露イベントが、1月18日に新宿バルト9で開催。北原里英、ピエール瀧、門脇麦、リリー・フランキー、白石和彌監督が舞台挨拶に登壇した。主演を務めた北原は「過激なシーンを撮ってる時、本当に泣いてました」と激白。

昨年2月、極寒の新潟で行われたロケについて北原は「初めて寒くて泣きました」と恨み節。「雪原を薄っぺらい格好で歩かされた時です。道路まで救出された時に涙が出てきて、思わず白石さんのことを無視してしまったくらいです」。

リリーは「監督に言われたこと、全部やったら死んじゃうから。監督って人は死なないと信じているから」と言うと、ピエール瀧も「たまたま死ななかっただけ」とうなずき「監督のことを“サディスティックハムスター”と呼んでます」と言って笑いをとった。

リリーは北原について「スタントさんがやるべきところを全部やってる。死ななかったからここに立ててる。トム・クルーズ!」と賛辞した。

続いて、宣伝用に作られた北原にそっくりなサニー人形が登場。北原は監督と仲良く、人形を縄で縛り、笑顔でフォトセッションに応えた。この人形は今後、いろんな劇場でお目見えする。

『サニー/32』は、北原里英主演のサスペンス。当時11歳だった女児が同級生を殺害した事件から14年後、24歳の中学校教師・赤理(北原里英)が2人の男たちに監禁される。2人は加害者女児・通称“サニー”のカルト的信者だった。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報