小室哲哉【引退会見全文1】引退発表から妻の介護、自身の治療について(1/5)

19日小室哲哉が不倫疑惑報道を受け会見。150人もの報道陣が集まった。小室は疑惑は否定したものの、騒動のけじめとして引退を表明。以下1時間40分に及ぶ会見の全文を4回に分けて掲載する。

会見場に現れた小室哲哉
  • 会見場に現れた小室哲哉

小室哲哉会見コメント 前編

小室哲哉です。本日はお忙しい中、わざわざ足を運んでいただいてありがとうございます。

今回の報道により妻であるKEIKO、家族、ファンの皆様、その他スタッフの皆様、いろいろな方々にご心配をおかけし、お相手の方にもご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

(深々と礼をして着席)

小室哲哉
  • 小室哲哉

失礼します。言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので、昨晩自分で文章を作ってきましたので、少しずつ目を通しながら話させていただきます。ご了承ください。よろしくお願いいたします。

重複しますが、本日はお忙しい中、本当にありがとうございます。これから報道によるKEIKOであったり、家族であったり、ファンの皆様にご心配をおかけしたことに対して、それから相手の方にご迷惑をかけたこと…をお詫びの話をすると同時にですね、僕なりのですね…この騒動のけじめとして、引退を決意しました。

しばらく少しここから僕からお話をさせていただくので聞いていただくことになると思いますが、よろしくお願いいたします。

2009年までさかのぼらせていただきます。金銭問題による執行猶予付きとはいうものの有罪判決というものをうけまして、2009年から5年の歳月を過ごしました。その中で妻KEIKOの突然の病気。予期せぬことではあったんですが、因果関係もまだお医者さまらもわからないのですが、とにかく病気がありました。救急搬送から入院、実家でのサポートということで戸惑った時期でしたが、仕事を続けてまいりました。

幸いKEIKOの後遺症というのは…今もみなさん身体的な介護をされている方たちのご苦労は、僕は計り知れないのですが…幸い身体的な後遺症がなく、脳のちょっと…障害ということで、少し欲がなくなってしまったりとか。僕から見る感じ、女性から女の子みたいな優しい笑顔、性格になったように、初期はそんな感覚を覚えました。

一番、歌手ということでKEIKOは、やはり大きな存在だったと思うのですが、そこは幸いではなく残念なことに、音楽の…脳のどこの部分なのかわからないですけれども、音楽に興味がなくなってしまって。

そのあとカラオケに誘ったり、音楽のネットを見せたり、CDを聴かせたり、一緒に聴いたりとか、いろいろ僕なりの…(音楽へ)いざなうということを試みたのですが、残念ながら音楽に興味を持つということは日に日に減ってきて。

今年で7年目になるのですが、その中で最初の、初期に何とか無理やりレコーディングスタジオにつれていって、未発表曲に今はなっていますが、今の僕のKEIKOへの心境を歌詞にしたためまして、なんとか歌ってもらった曲が一曲ありますが、それ以降は「いいんじゃないの」と「もういいよね」ということで(涙ぐむ)それから約四年くらい、ほぼ歌うことはなくなりました。

【写真を見る】時折涙で声を詰まらせる場面も
  • 【写真を見る】時折涙で声を詰まらせる場面も

これもお恥ずかしい話なのですが、今は小学四年生くらいの漢字のドリルをすごく楽しんでやってくれたり、全てがそういうレベルでは全くないですが、なにか学んだり、欲という意味では一例ですが、そういったレベルのこともあります。

そういう中で夫婦という中で、大人の女性としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきて、電話であったりとか対峙して話すことだったりとか、そういうことも段々1時間…10分…5分…3分…みたいな形で間が持たなくなって、非常にかわいそうだなという気持ちもあるんですが、そこをあきらめてはいけないのが精神的なサポートということなんだとは重々承知の上だったのですが、何度も繰り返しの質問であったりとかそういうことでもって、ちょっともう疲れ果ててしまったところは、3年くらい前からですかね…あったと思います。

小室哲哉にも病が(2/5)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報