小室哲哉【引退会見全文2】音楽制作への葛藤と引退を決意するまで

19日小室哲哉が不倫疑惑報道を受け会見。150人もの報道陣が集まった。小室は疑惑は否定したものの、騒動のけじめとして引退を表明。以下1時間40分に及ぶ会見の全文を4回に分けて掲載する。

引退を表明した小室哲哉
  • 引退を表明した小室哲哉

小室哲哉会見コメント 中編

体調不良は本日も変わらず、残念ながら耳鳴りがどうしても治らなくて、ここ最近は音楽制作の締め切りも、滞ることが今まではなかったのですが、最近は3日、一週間と…納期が滞りはじめまして、小室哲哉だったらこんな曲を作るだろう、こんな音をやってくれるだろうという、期待に応えられるのかどうかということも2017年の秋くらいの制作によっては自問自答する日々でした。

特に歌手の方に提供する楽曲、それが歌手の方のためにいいものになるかということで、一週間くらい悩み、やり直しという日々もたくさんありました。本当にそれは10年前20年前、90年代のころは考えられなかったことなのですが。

何でだろうなと思っているのですが、去年くらいからですかね、公務員の皆様とかが一般的に定年が60歳…65歳という方もいらっしゃるかもしれませんが、去年58歳の時点ですね、59歳になり、そして2018年には還暦…60歳を迎えるということで。ある種60歳というのは一つの大きな節目なのかな。才能であったりとか能力の…こういった、特に創作においてはどうなのかなという疑問が出てきました。

期待に応えられる音楽制作のレベルなのかダメなのかも、そこまではっきりとわからず、正直やり直し、やり直しということも増えてきました。そしてやっとの思いで出来たもので、ようやく次の仕事という日々が多くなりました。

簡単に言うと不安、懸念、自信のなさ、みたいなことが日増しに増えてきまして、KEIKOにもずっと簡単な言葉ですが悩みを言いましたが、元々先ほどもお話ししたように音楽に興味のない人…になっているので「そうなんだ」という(感想)くらいだったと思っています。

「報道は『戒め』みたいなもの」と語る(2/5)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報