小室哲哉【引退会見全文4】「今後の日本の音楽シーンに向けて」ほか質疑応答と小室哲哉からのメッセージ

19日小室哲哉が不倫疑惑報道を受け会見。150人もの報道陣が集まった。小室は疑惑は否定したものの、騒動のけじめとして引退を表明。以下1時間40分に及ぶ会見の全文を4回に分けて掲載する。

記者との質疑応答

小室哲哉
  • 小室哲哉

【記者】どういったレベルで満足できる曲を作れなくなったのか

つい最近、テレビの収録があってブームという言葉が出てきまして。イメージとしては1993年94年から2000年くらいまでがブームかなと思うんですけど、今思うとその影響が凄すぎて、それが基準になりまして。それを超えることはもちろんできないですし、それを下回るとレベルが下がった、枯渇した、期待に応えられなかったという感覚ですね。

あの時はよかったという方がほとんどなので、あの時代の曲が素晴らしいと言ってくださる方が一番多いので、そのレベルというのは…時代の流れもありますが、やっぱりあれを基準にしてしまうというか、そこから上じゃないと。

先ほども言いましたように、期待をしていただいている制作に関しては、随時対応していこうと思っています。

【記者】2010年代などで自分を上回る才能はいましたか?

現在、日本で考えるとそこまでは思わないです。

【記者】波乱万丈の音楽生活で一番うれしかったこと、つらかったこと

一番というのは非常に難しいですけど、1990年代のいろいろな方が歌ってくれたヒット曲をみんなが楽しんでくれている姿を垣間見れたことが幸せだと思います。

一番つらいのは今日です。

音楽制作以外のメディアの出演は?(2/4)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報