アイアンマンたちと共闘できる!?「マーベルエクスペリエンス」でヒーロー訓練を受けてみた!【その1】

マーベルの体験型テーマパーク「マーベルエクスペリエンス釜山」に行ってみた!
  • マーベルの体験型テーマパーク「マーベルエクスペリエンス釜山」に行ってみた!

アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ソーやハルクといったマーベル・コミックのヒーローたちが活躍するマーベル・スタジオの映画プロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)。『アイアンマン』(08)に始まり、最強のヒーローチームの活躍を描く『アベンジャーズ』シリーズなど、数々の大ヒット作を放ってきたMCUは今年で10周年を迎え、いま最高潮の盛り上がりを見せている。

まずは新ヒーローが活躍する『ブラックパンサー』(3月1日公開)に、『アベンジャーズ』シリーズ最新作となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)と、新作映画が立て続けに公開。そして、昨年公開されヒットを記録した『マイティ・ソー バトルロイヤル』のMovieNEXが3月7日(水)に発売、さらに『アベンジャーズ』&『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のBlu-rayセット、DVDセットなどが4月4日(水)に一挙発売と、激アツ状態なのだ。

今回、そんなマーベルの世界をさらに楽しむべく、昨年11月に韓国・釜山にオープンしたテーマパーク「マーベルエクスペリエンス釜山」に潜入!実際にどんな体験ができるのか、確かめてきた。

そもそも「マーベルエクスペリエンス」とは?

アジア初上陸となった「マーベルエクスペリエンス釜山」
  • アジア初上陸となった「マーベルエクスペリエンス釜山」

「マーベルエクスペリエンス」は、マーベル・コミックに登場する組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員となり、メンバーとしての訓練を受けつつ、映画でもおなじみのヒーローたちと共に巨大な悪に立ち向かう…という“仮想体験”ができる施設だ。ヒーローにちなんだ様々な体感型アトラクションがあり、大人も子どもも楽しめる施設となっている。

そもそもはマーベルとライセンス契約を締結した米企業ヒーローベンチャーズが、VRやAR、4Dなどの最先端技術と3000万ドル以上を投じて作り上げた巡回型のテーマパークで、すでにアメリカの4都市を回っており、この釜山がアジア初上陸となった。ちなみに、『ブラックパンサー』が釜山でロケを行なっていた縁もあり、釜山の地が選ばれたそう。

ゲート到着!入り口前からテンションMAXに

巨大なゲートの向こうはS.H.I.E.L.D.の基地!
  • 巨大なゲートの向こうはS.H.I.E.L.D.の基地!

「マーベルエクスペリエンス釜山」は、釜山駅、釜山港国際旅客ターミナルからほど近い好立地に位置している。到着してまず目に飛び込んでくるのが巨大なゲートとS.H.I.E.L.D.の車。どことなく無骨な雰囲気の造りも、S.H.I.E.L.D.の“基地”っぽく感じられワクワクさせられてしまう。

ゲート前にはS.H.I.E.L.D.の車が!
  • ゲート前にはS.H.I.E.L.D.の車が!

入場チケットの購入はゲート脇で。チケットには2時間券、VIP券など様々な種類があるが、一番人気だというのはアトラクション体験回数制限なしの4時間滞在可能チケット。価格は大人が平日44,000ウォン(約4400円)、週末・祝日50,000ウォン(約5000円)、子どもやシニアが平日35,000ウォン(約3500円)、週末・祝日40,000ウォン(約4000円)となっている。混雑具合にはよるものの、このチケットなら、たっぷり施設を満喫できる。

コミックの世界が下地となっているため、MCU作品には登場しない「X-MEN」シリーズのウルヴァリンの姿も!
  • コミックの世界が下地となっているため、MCU作品には登場しない「X-MEN」シリーズのウルヴァリンの姿も!

チケットを購入し、巨大なゲートをくぐると壁に巨大なヒーローやヴィランのイラストがずらりと並び、「S.H.I.E.L.D.はキミを必要としている」の言葉と共にキャプテン・アメリカやアイアンマンらがお出迎えしてくれる。S.H.I.E.L.D.のエージェントになるという気持ちを高めてくれ、これだけでもテンションが上がってしまうはずだ。

さっそく入場…エージェントへの第一歩!

スタッフの案内に従い、登録を進めていく
  • スタッフの案内に従い、登録を進めていく

ゾーン1のロビーに入場すると、まずはS.H.I.E.L.D.の一員になるため、受付で身長、瞳の色、性別、種族などを登録、顔写真を撮影し、カードを発行してもらう。ちなみに種族はHUMAN(人間)、ANDROID(アンドロイド)、SUPERHUMAN(超人)、ANIMAL(獣)、ALIEN(エイリアン)から選択できるという心憎い仕様だ。

カードを発行したらロビーから次のゾーンへ…
  • カードを発行したらロビーから次のゾーンへ…

ロビーではS.H.I.E.L.D.という組織やこの基地の成り立ち、多数いるマーベルのヒーローの中でも最も有名と言って過言ではないアイアンマンについてを知ることができる。ゲート前でアイアンマンことトニー・スタークからの挨拶動画が流れた後は、エレベーターに乗って地下42階のモバイルコマンドセンターへ。このエレベーターではちょっとしたトラブルに見舞われるが、アイアンマンとスパイダーマンが助けてくれる…という嬉しい演出も。興奮させられっぱなしのまま、いよいよS.H.I.E.L.D.の基地でのトレーニングが始まる!

ゲートを通過したら、ちょっぴりスリリングな(?)エレベーターに乗って基地へGO!
  • ゲートを通過したら、ちょっぴりスリリングな(?)エレベーターに乗って基地へGO!

【その2に続く】

取材支援:韓国観光公社

発売情報:

■3月7日(水)発売 『マイティ・ソー バトルロイヤル』
『マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX』/4,000円+税
『マイティ・ソー バトルロイヤル 4K UHD MovieNEX』/7,800+税
『マイティ・ソー バトルロイヤル 4K UHD MovieNEX プレミアム BOX(数量限定)』/15,000円+税

■4月4日(水)一挙発売!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』劇場公開記念タイトル
『アベンジャーズ&アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ブルーレイセット』/6,000円+税
『アベンジャーズ&アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン DVDセット』/4,000円+税
『マイティ・ソー MovieNEX』/4,000円+税
『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー MovieNEX』/4,000円+税
『アイアンマン2 MovieNEX』/4,000円+税

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報