バイきんぐ小峠の「メンチ抜き」は迷惑? 融通の利かない定食屋に賛否の声

唐揚げメンチカツ定食から“メンチかつ”だけ抜いて注文するのはあり?
  • 唐揚げメンチカツ定食から“メンチかつ”だけ抜いて注文するのはあり?

リーズナブルな価格で美味しい料理が食べられる街の定食屋さん。個人で営業している店舗も多いため色々と融通をきかせてくれるところもありますが、中には厳格なルールを設けているお店もあるようです。

「唐揚げメンチカツ定食」のメンチ抜きは不可能?

1月23日放送の「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系)に、バイきんぐの小峠英二が出演。融通の利かない定食屋についてのエピソードを披露したのですが、視聴者からは賛否の声が上がりました。

小峠の話によると、ある日彼は新宿の定食屋を訪れた際に「唐揚げメンチカツ定食」というメニューを発見。しかしこの日は「唐揚げ」だけを食べたかったため、店員さんに「メンチカツは要らないんで、唐揚げだけでお願いできますか?」と聞いたそうです。

しかし店員さんは「すいません。今日はやってないんですよ」と要求を拒否。すると小峠は「やってないもなにも“唐揚げ”があるんだから、それはあなた次第」「これやってるよ!」と言い返しました。

その後も“メンチカツ抜き”を巡って何回か店員さんと押し問答をした結果、結局小峠は通常通りの「唐揚げメンチカツ定食」を頼んで完食。最後にひたすら言い合った店員さんから「サインください」と頼まれ、小峠は「今日はやってないんです」と拒否したそうです。

結局はメニュー通りに注文するのが無難なのかも?
  • 結局はメニュー通りに注文するのが無難なのかも?

見事なオチにスタジオは笑いに包まれていたのですが、視聴者からは様々な意見が。ネット上では「後々なんらかのトラブルに繋がるかもしれないし、経営者でもなければ“メンチ抜き”の判断は出来ないでしょ」「そういう場合は素直にメンチだけ残すのが正解」「メンチと唐揚げの数が合わなくなるから、そういう注文はするべきじゃない」と否定的な声も上がっています。

一方で「例えバイトだとしても融通きかなすぎ。メンチ抜いて値下げしろって話じゃないんだから抜いてあげればいいじゃん」「店員さんの対応が下手。『やってない』って言われても客は意味が分からないでしょ」「というかなんで唐揚げ定食がないんだよ(笑)」と小峠に賛同する声も。議論は平行線を辿っていました。

開店1分前の入店も“タレ抜き”もNG?

【写真】天ぷらを“タレ抜き”で注文するのはなし?
  • 【写真】天ぷらを“タレ抜き”で注文するのはなし?

小峠のような経験をした人は多いようで、過去には千原せいじも「ノンストップ!」(フジテレビ系)で融通のきかない飲食店について語っています。彼は11時開店の店に1分早くついたのですが、店に入れてもらえず店員さんと押し問答に。こちらも視聴者からは「1分くらいなら入れてあげようよ!」といった声や、「1分くらいなら待てばいいじゃん」との意見が寄せられていました。

また以前にはネット上で「“タレ抜き”を注文したら拒否された」との書き込みが話題に。「タレくらいなら店員の一存で抜いてもよいのでは?」と疑問に思う人が多いようでしたが、中には「昔ならともかく、今はタレ抜きの商品を出してそれをSNSに投稿されたらすごい損失になる」と指摘する人もちらほら。

一般的には「出来るでしょ」と思うことでも、店側にとっては様々な“出来ない”事情があるのかもしれませんね。

 ▼花粉でお悩みの方、必見!シーン別に対策をご紹介します


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報